スポンサーリンク

産経ソウル支局長聴取 「支局長コラム 要旨」


いま日韓のメディア、インターネット上で産経の加藤達也ソウル支局長が
出頭命令を受けたことが話題になっている。

産経新聞に「支局長コラム 要旨」が掲載されていたので引用してみる。


加藤達也ソウル支局長が、産経新聞のウェブサイトに掲載したコラム
【追跡~ソウル発】朴槿恵大統領が旅客船沈没当日、行方不明に
・…誰と会っていた?」では、最初に、7月7日の国会運営委員会のやりとりを
紹介している。

朴大統領側近の大統領府秘書室長が野党議員の追及に対し、、旅客船
セウォル号沈没事故当日の朴大統領の所在や行動を明瞭に返答しなかった
ことなどを伝えた。

この国会質疑を踏まえ、韓国最大の日刊紙、朝鮮日報が
「大統領をめぐるウワサ」の題で掲載した記者コラムを取り上げた。

加藤支局長はその中で、朝鮮日報コラムが、国会での秘書室長の対応は
「隠すべき大統領のスケジュールがあったものと解釈されている上と指摘している
ことや、大統領が秘密に会っていたと噂される男性の実名を明記していること
などを紹介。

証券街の情報も引用しながら、事故当日、大統領の動静が7時間にわたって
不明となり、その間、男性と会っていたという噂などがあることを取り上げた。

加藤支局長は「ウワサの真偽の追及は現在途上だが」と断りつつ、朝鮮日報
コラムが国政運営で高い支持を維持しているのであれば、ウワサが立つことも
ないだろう。
大統領個人への信頼が崩れ、あらゆるウワサが出てきていると論じた部分を引用
した上で。
「朴政権のレームダック(死に体)化は、着実に進んでいるようだ」と締めくくった。
from:産経新聞

トレンドニュース

スポンサーリンク