中国 新ICBM公表 多弾頭型、北米射程


中国人民解放軍が開発を進めているとされていた、北米のほぼ全域を射程圈
とする新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM) 「東風(DF)41」の存在が2日まで
に、中国政府機関の公式サイト上で明らかにされた。

軍創設を記念する8月1日の 「建軍節」に合わせた事実上の公表とみられ、
軍の士士気向上とともに、米国を牽制する意図がうかがえる。

2日付の中国共産党機関紙、人民日報傘下の国際情報紙、環球時報
(電子版)などによると、陝西省環境観測センターが公式サイトに掲載した
業務動向報告の中に【東風41戦略ミサイル研究】に関する記載があった。

同紙は東風41に関する情報が「偶然」掲載されたとしているが、これまで軍が
公式に認めていない東風41開発の情報開示を習近平指導部が容認、もしくは
指示した可能性が高い。

中国メディアは東風41が核爆弾を搭載できる多弾頭型で、太平洋を越え
北米西海岸へ、またユーラシア大陸と大西洋を越えてワシントンに着弾する
能力を有していると図解している。

中国の軍事専門家は同紙に対し東風41の対応速度の速さなどを強調し、
「米国のミサイル防衛システムを素早く破るチャンスがある」
と指摘した。

from:産経新聞

トレンドニュース