スポンサーリンク

「犯罪ワースト」の汚名返上したくて・・・ 大阪府警失態

大阪府警は30日、平成24年までの過去5年間の刑法犯認知件数に、窃盗
など計8万1307件を計上していなかったと発表した。

統計上の事件数を少なく装うこうした過少報告は、府内65署すべてで
行われていた。

府警は「あくまで担当面レベルで不適切処理が広まった」として組織ぐるみの
不正を否定している。

未計上分を上乗せすると、大阪が全国ワーストワンを返上したとされた
22~24年の街頭犯罪(自転車盗、ひったくりなど8種類)はいずれも東京都を
上回り、フーストワンに転落する。

各都道府県警が公表する刑法犯認知件数は治安の目安となる指標で、
ここまで大規模な不正処理か明らかになるのは異例。

府警は同日、当時の所長や刑事課長ら89人を注意処分とした。
懲戒処分はなかった。

府警では府警では昨年6月、堺署6000件超の過少報告が発覚。

その後、堺署を除く64署で一斉調査を実施し、新たに7万4769件の未計上
が判明した。府警によると未計上の86%が窃盗事件だった。街頭犯罪は
5万2966件で最多は自転車盗の3万7013件。

各署の統計担当者は本来、すみやかに「刑法犯認知情報票」を作成し、
府警本部と警察庁にデータを送信する。

ところが

①自転車盗は後から被害品が見つかればカウンナしない
②窃盗未遂は実害がないため、計上しない
など大阪独自のルールで、送信件数が大幅に減らされていた。
 
不正処理か始まっだのは20年から。就任初年の橋下徹府知事(当時)が
ワースト返上に言及し、府警全体で街頭犯罪抑止が最重要課題になっていた。

複数の担当者が聞き取りにプレッシャーがあったとし、

「刑事課長から、こんなものまで計上しなくていいと言われた」と証言した。

from:産経新聞

この記事を冷静に考えると、各署が勝手にやっていように聞こえ府警が注意した
ナーンテ聞こえるけど、そんなことはありえない。

直接的あるいは間接的に府警が指示、もしくは知っていてもだんまりナーンテ
推理するのが妥当じゃないかナ。

もしまったく知らなかったいうならそれこそ府警の管理の大怠慢としか言いようがない。

まだ橋本市長の談話はないが、どう反応するのは興味がある。
     

トレンドニュース

スポンサーリンク