スポンサーリンク

防衛相、急患輸送でオスプレイ活用を検討

急患搬送にすスプレイ活用防衛相表明導入要望の小笠原に陸上自衛隊が
導入する新型輸送機オスプレイについて、小野寺五典防衛相は28日、
訪問先の東京―小笠原村で「急患輸送を速やかにできる態勢を作っていきたい」
と述べ、小笠原からオスプレイで急患を運ぶ方針を明らかにした。

利用のために機体を周辺で待機させることを検討していて、防衛省関係者に
よると、千葉県の木更津駐屯地などが侯補に挙かっている。

小野寺氏はこの日、急患搬送への導入を要望している小笠原村の父島に
米海兵隊のオスプレイで訪れた。

小野寺氏によると同行した在沖縄米軍トップのウィスラー第3海兵遠征軍司令官
に陸自オスプレイの佐賀空港への配備方針を説明し、米軍オスプレイの佐賀空港
の活用を要請したという。

小笠原の父島や母島には滑走路がなく、海上自衛隊の飛行艇やヘリコプターを
急患搬送に使っている。

村役場であった村長らとの会合で、小野寺氏は「オスプレイは小笠原と本土を2~
3時間でダイレクトに結べ、病院のヘリポートに直接降りられる」と述べた。
 
現在、急患搬送に使っている海自の飛行艇は山口賍の岩国基地に所属している
が、一部をより近い神奈川県の厚木基地に待機させている。

小野寺氏はこれまで。も飛行艇の例を挙げ「(オスプレイも)災害救助、急患輸送で
一定数、一定時間、(佐賀空港以外に)配備することは当然想定される」と発言している。 

from:朝日新聞

まあ実際のところ、国民に対する、このオスプレイのPRなんでしょう。
いろいろ事故があったオスプレイですがそのことは触れずに便利なところだけ語って
いますね。自らも登場して便利さを強調。ナーンテ見えすいた茶番劇ですね。

トレンドニュース

スポンサーリンク