スポンサーリンク

「氷の壁」3ヶ月いまだこうらず・・・


東京電力は23日、福島第1原発2号機タービン建屋とトレンチ(地下道)間に
ある汚染水を遮断する「氷の壁」が4月末の着工から3ヵ月たっても凍らないため、
来週にも1日10トンの氷を投入し凍結を促す対策を開始することを明らかにした。

抜本対策にはほど遠く、「氷の壁」がうまくいかなければ工法が同じで
周囲の土壌を凍らせる「凍土遮水壁」にも影響する。

東電は同日開かれた原子力規制委員会の検討会で報告した。

氷の壁は、建屋とトレンチの接合部にセメント袋を並べ、そこに凍結管
を通し周囲の水を凍らせる工法。だが十分に凍らないため、規制委から凍結能力
の向上を支持されていた。

東電によると初めに、こぶし大の水を1日10トンレンチに投入し一気に冷却
した上で、5日後には1日5.4トンに減らして氷の壁を徐々に厚くしていく。

ドライアイスも1日1トン投入。さらに凍結管を4本増やし23本に強化するという。

現在の水温は15度前後。氷の投入など追加対策により、
東電は「水温5度まで低下させると、ほぼ水がつながり壁ができる」としている。

この日の検討会でヽ規制委の更田豊志委員は来月中旬に追加対策の効果を検証
するとの見方を示した。

検討会のメンバーの橘高義典・首都大学東京大学院教授(建築材料)は
「これでは凍結しないと思う。コンクリートを流し込んでトレンチの充電をすべきだ」
と東電の対策を疑問視した。

from:産経新聞

トレンドニュース

スポンサーリンク