スポンサーリンク

マレーシア機撃墜 最新情報&動画7/22

マレーシア機撃墜、国連安保理が非難決議を採択

決議はは27人の犠牲者を出したオーストラリアが中心となってまとめたもので、
マレーシア航空のが撃墜を非難し、完全で独立した国際調査を指示しています。

また撃墜現場付近を支配している親ロシア派に対して現場の保全や国際調査
要員のアクセスを保証するよう求めています。

拒否権を持つロシアの対応が注目されていましたが、全ての国が賛成し
採択されました。

ロシアは国際調査を支援する用意があるとしながらも、早急に結論に
飛びついてはいけないと述べ、ウクライナ側の地対空ミサイルの動きも調べる必要
があると主張しています。

決議はは27人の犠牲者を出したオーストラリアが中心となってまとめたもので、
マレーシア航空のが撃墜を非難し、完全で独立した国際調査を指示しています。

また撃墜現場付近を支配している親ロシア派に対して現場の保全や国際調査
要員のアクセスを保証するよう求めています。

拒否権を持つロシアの対応が注目されていましたが、全ての国が賛成し
採択されました。

ロシアは国際調査を支援する用意があるとしながらも、早急に結論に飛び
ついてはいけないと述べ、ウクライナ側の地対空ミサイルの動きも調べる必要
があると主張しています。
トレンドニュース

航空機撃墜 国連の非難決議、中国外相「歓迎する」

国連安保理で採択された決議には中国も賛成票を投じました。談話の中で
­王毅外相は安保理決議は中国の立場を体現したものだと表明したうえで、
これを歓迎すると表明。

採択に向けた交渉で中国は建設的な役割を果たしたとアピールしました。

また事件について独立、公正、客観的な国際調査を行い、真相究明する
べきだとしていて、調査結果が出る前に人為的に事件を政治化させることは
避けるべきだと主張しています。
トレンドニュース

親ロ派、墜落機の「ブラックボックス」引き渡し

こちらはバリ島旅行に向かっていた23才の息子を亡くしたオランダ人女性。
墜落から5、遺族の悲しみは世界各地で深まるばかりです。

こうした中、墜落原因の究明に向け新たな展開が。ようやく新ロシア派が
墜落機のブラックボックスを引き渡すことで、今から会見が行われます。

新ロシア派の指導者ボロダイ氏らが飛行データ記録されたフライトレコーダー
とボイスレコーダーをマレーシア側にようやく引き渡したのです。

ボロダイ氏は今回の件にはロシアが介入していないと主張しました。
一方、アメリカの新聞社ニューヨークタイムスは撃墜されたマレーシア機の
残骸写真の分析を専門家に依頼。

破片が突き刺さった多数の細かい穴やその大きさは撃墜に使われたとみられる
ロシア製のブク対空ミサイルによるものと極めてよく似ていると報じました。

真相究明はいったいいつにになるのか。
トレンドニュース

スポンサーリンク