関ジャニ∞主演『エイトレンジャー2』のヒロイン役に前田敦子が決定ナーンテ
言う記事があった。
そのヒロイン役というのは正体を隠しエイトレンジャー近づく週刊誌記者だそうだ。

AKB48卒業後の前田敦子の活躍ぶりは目を見張るものがありますね。
去年の来歴を見てみると

・『幽かな彼女』(関西テレビ)の連続ドラマ出演。
・映画『クロユリ団地』で映画主演。
・3rdシングル「タイムマシンなんていらない」の発売。
・『あさきゆめみし 〜八百屋お七異聞』(NHK総合)で連続ドラマ主演。

と主だったところがある。俳優業、歌手業と見事にこなしている。

こんどヒロインを務める『エイトレンジャー2』は街を守るヒーロー「エイトレンジャー」
の奮闘を描き好評を得た映画「エイトレンジャー」の第2弾。
関ジャニ10周年記念特集だ。2月2日に関東近郊でクランクインした。

最近もハリウッド映画の最新SF映画を数本見ましたが、CGを巧みに使用して
臨場感のある作品が多い。

それに比べると日本のSF映画はまだまだ子供だましの程度だ。金銭的要素が原因だろう。
前作は「八萬市(エイトシティー)」の治安を守る関ジャニ∞のヒーロー・エイトレンジャー
の活躍を描いたもので、今度はエイトレンジャーが平和を取り戻したこの町に
不可解な事件が発生したことから展開する。

その前田敦子に白羽の矢が当たったきっかけは

「切ない涙を流す人という印象を持ちました。今作はコメディーをパワーアップさせて
いますが、クライマックスには心をギュッと絞めつけるような“切なさ”が必要で、
前田さんの涙がパッと浮かびました」

ナーンテ言う殺し文句を用意していた。

それと前田敦子はローマ国際映画祭で最優秀監督賞と技術貢献賞を受賞した
「セブンスコード」で見事、主演を演じきった。

それに絡んだ新曲「セブンスコード」が2月12日にリリースされる。
トレンドニュース

今年も去年以上に忙しい年になるでしょうががんばって世界的なスターに
なるようにがんばって欲しいですね。


トレンドニュース