スポンサーリンク

イスラエル軍、ガザへの地上作戦を開始

イスラエル軍、ガザへの地上作戦を開始

ロイター通信などによりますとイスラエル軍は17日深夜、パレスチナ暫定自治区
ガザへの地上作戦を開始したと発表しました。

イスラエル軍側はこの作戦は無期限だとした上でイスラエル市民を守るために

インフラに対する攻撃を行うとしています。

これまでにガザ側で220人以上が死亡しています。

エジプトが15日双方に停戦を提案しましたが、ハマス側はこれを拒否してきた。
イスラエルは5年前の2009年にもパレスチナに対して地上作戦を行い、
多くの死者を出しています。
トレンドニュース

ガザ地区にイスラエル攻撃、子ども4人が死亡

ガザを実行支配する対イスラエル強硬派ハマスはエジプトが提案した停戦案を
16日、正式に拒否し、ロケット弾を発射し続けています。

イスラエル側も攻撃を続け、海岸いた子供4人海からの砲撃で死亡しました。
ガザ側の死者は216人に達しています。

一方でイスラエルは17日に攻撃を5時間中断することを決めました。
国連の要請を受けた形の人道的措置だということですが攻撃中断後の作戦

拡大もにおわせています。
こうした中、イスラエル軍の元関係者は地上侵攻してガザを占領した場合の
リスクを指摘しました。

イスラエル側の死者の増加も避けられないということです
リスクの大きさからネタニヤフ首相は限定的な地上戦を選択するのではとの
憶測も飛び交っています。

トレンドニュース

スポンサーリンク