ウクライナ東部でマレーシア航空機が墜落 295人全員死亡か


ウクライナ東部でマレーシア航空機が墜落 295人全員死亡か | トレンドニュース

マレーシア航空機 撃墜の可能性も、295人搭乗

オランダのアムステルダムからマレーシアのクアラルンプールに向かっていた
マレーシア航空の旅客機ボーイング777が17日、ロシア国境に近いウクライナ東部
のドネツク州に墜落しました。

乗客に日本人がいたかどうかはわかっていません。墜落現場付近ではウクライナ
政府軍と親ロシア派武装部隊の戦闘が続き、軍用機などが撃墜されています。

今回の墜落について、ウクライナのポロシェンコ大統領はテロリストによる砲撃
であるとした。またウクライナの通信社は政府関係者の情報として、この旅客機が
地対空ミサイルに撃墜された可能性があると報じています。

また新ロシアが宣言したドネツク人民共和国がインタファクス通信に伝えたところに
よりますと、旅客機が1万メートルの上空を飛んでおり、そうした飛行機を撃ち落とす
武器は持っていない、また旅客機を狙う攻撃などしないとしています。

情報は錯綜していて、旅客機が撃墜されたかどうかも含め墜落の
原因はまだわかっていません。
トレンドニュース

マレーシア機墜落、米ロ首脳が電話会談

ロシア大統領府によりますと、プーチン大統領がマレーシア機の墜落を受けて、
アメリカのオバマ大統領と電話で会談したことを明らかにしました。

プーチン大統領はウクライナ東部でのウクライナ軍と親ロシア派武装勢力の
軍事活動を即時かつ無条件で提示する必要性を訴えたということです。
トレンドニュース

岸田外相「邦人の安否確認指示」

ウクライナを訪問中の岸田外務大臣は、マレーシア航空機の墜落に関して
「まず事実確認と邦人の安否について、至急確認するように指示を出した」 と述べた。
トレンドニュース