日朝政府間協議は2日目まで「朝鮮総連本部問題での譲歩」等の要求を
強く押してきましたが、なぜ最後になって軟化して「制裁の一部解除」だけで、再調査の実施を認めたのか。不可解な部分がありますよね。

日本政府はこの意外な北朝鮮の行動をどう受け止めたのか。
官房長官と安倍総理大臣の見解を見てみよう。
トレンドニュース

トレンドニュース

「前進あった」北朝鮮の宋日昊大使も協議を評価して、30日北京の空港で
「できるだけ早い時期に組織し、日本に通報する」と語った。
しかし一抹の不安は合意文書には調査期間が記されていないと
いうことがある。
アメリカはこの一連の日本の行動に理解を示し
米国務省のサキ報道官も

「日本が透明性を保ちながら、拉致問題の解決に向け努力していることを支持する」「(日本政府から)事前に連絡があった」「日本とは頻繁に相談している」

と前向きな姿勢を示した。

一方韓国はこのニュースを各メディアが大きく取り扱い
人道的には分かるとしたが日本の北朝鮮に対する単独行為を好ましくない
と言うようなコメントを出した。
トレンドニュース

最後に拉致家族の関係者の様子を見てみよう。
トレンドニュース