もう豆をまいて恵方巻きにかぶりつきましたか。
恒例の成田山新勝寺の節分会には相撲界からは今場所優勝した
横綱白鵬を筆頭に人気力士が登場。

岩手県陸前高田市の戸羽太市長らも参加し東日本大震災からの復興
を祈願した。

成田山では「鬼は外」とは言わず「福は内」と声を掛けるのが習わし
のようだ。知ってましたか。
掛け声は通常「鬼は外、福は内」が普通だが、地方の寺や神社によっては
様々なバリエーションがあるようだ。

普通は鬼は悪いナーンテ思われていますが、。鬼を祭神または神の使い
として扱っている神社や方避けの寺社では「鬼は外」ではなく
「鬼も内(鬼は内)」と言っているようだ。

それと近年になって登場したのが恵方巻だ。昔は地方区だったのが
1998年(平成10年)にセブン-イレブンが全国発売にあたり、
商品名を恵方巻に採用したことにより一躍、全国区にのし上がった。

古来より上方で「巻き寿司「丸かぶり寿司」あるいは
「恵方寿司」「招福巻」「幸運巻」「開運巻き寿司」「太巻き丸かぶり」
ナーンテ言われていたことがあるようだ。

一般的には節分の夜、その年の恵方に向かって無言で、願い事を思い
浮かべながら太巻きを丸かじりするのが常道のようだが、「目を閉じて」や
「笑いながら食べる」という人もいるようだ。

恵方巻の起源・発祥は諸説存在し、信憑性も定かではないのが現状のようだ。
大体のところ一般家庭の行事ではなく花街における事柄だと言っているものもある。

今ではスーパー、コンビニと、どこにでもおいてある。
そして関東においても年中行事の一環として民衆に受け入れられているようだ。

またパン屋でも、とんかつサンド恵方巻きナーンテ言う新しいバージョンも
出ているから驚きだ。

ちなみに今年の恵方は東北東ですよ。磁石はありますか?



トレンドニュース