コンピューター将棋ソフト 森下卓九段を破る!!





「第3回将棋電王戦」の第4局が小田原城で行われ将棋ソフト「ツツカナ」が
森下卓九段を破った。

これで2年連続プロ棋士の負け越しが決定した。
これはプロ棋士の未熟さを責めるのではなくコンピュータの性能を
ほめるべきだろう。

それと将棋界にとってもいい事だと思う。今までの何百年もの間、人間だけの
知能で進歩してきたがコンピュータの導入により、もっともっと幅広い将棋の
世界が見えてきたからだ。

もう既に人間がコンピュータに教わる時代が到来したことを示す。
コンピュータを師匠とする棋士が誕生するのも遠い事ではなくなりましたね。

依然は囲碁の方が早くコンピュータに負けると言われていた時代もありましたが
逆に将棋がコンピュータに降参と言う事態になりました。

囲碁のほうはまだプロ棋士に3子のようです。
ですがこちらのほうも近いうちに人間が負ける時が来ると思います。
コンピュータの進歩は人間のそれより何十倍も早いからです。

今回の将棋棋士の最後の砦は屋敷伸之九段です。超一流プロですね。
ソフトのほうもNO1の「ponanza」です。

最終第5局は12日渋谷区の将棋会館で行われます。
ここで将棋棋士が敗戦すれば100%コンピュータのほうが強いと言い切れますね。

実際にどのように対局しているのかご覧ください。初めての方はびっくりしますよ。

トレンドニュース