オバマ大統領の護衛 酔いつぶれ 米国に送還


オバマ大統領の護衛


オバマ米大統領の護衛するシークレットサービスの3人が22日に飲酒し、
そのうちの1人が泥酔して23日早朝に宿泊先の部屋の前で意識を失って
倒れていたのをホテルの警備員が発見ナーンテ言う前代未聞の出来事が
発生しました。

この3人は帰国・休職処分になったようだ。

似たような事件が2年前の2012年4月に発生していた。
南米コロンビアのカルタヘナの米州首脳会議でこの時もオバマ大統領に先駆けて
現地入りしていたがシークレットサービスが酒を飲んでホテルに売春婦を
連れ込んでいたと言う事件だ。今回も似たようなケースだ。

勤務開始前の10時間以内の飲酒を禁止する規定があるがこれは改訂しなければ
だめだ。10時間を24時間いしないとまたこのような不祥事が起こる可能性がある。

ワシントンポストもこの不祥事を大きく取り上げている。

オバマ大統領の護衛1

YouTubeにもアップロードされた動画があった。

トレンドニュース