池坊保子 バッシングに「とっても傷ついた」今度は自分が逃げる番だ!


スポンサーリンク

池坊保子 バッシングに「とっても傷ついた」今度は自分が逃げる番だ! | トレンドニュース

池坊保子 バッシングに「とっても傷ついた」

バッシングに「とっても傷ついた」ナーンテ答えて、今後は取材に応じない
って述べてまた一層、世論の反論を買いましたね。
この人も、小池東京都知事同様、世論の心を掴めませんでしたね。
自分が述べたことが、すべて正論だと思っている悲しい人物ですね。
「世論に逆らえば落ちるだけ」という格言?に逆らってはダメ。
まさにネット上のコメントが世論だ?!
これくらいは最初から目を通していないとだめだよ。 

ネット上の反応は!?

・貴乃花親方も同じ事をされたんだよ。
貴女や協会側に。
それでも貴乃花親方は、弱音を吐かず一人で頑張ってる。貴女はそれくらいで音をあげるとは、やはり評議員会議長の器では無かったという事。
「先輩を立てる、敬う」先輩が悪くても従わなきゃならない協会なら 公益財団法人返納すべき。

*まさにその通り。
まったく世論を理解していない人物だ。
世論は高飛車に出れば出るほど、反発をする。こんな簡単な理論を
わきまえていない人物が評議会のトップだなんて。
世論に反対され、バッシングだなんてあきれ返る。挙句の果て、
自分が不利だと知ると逃げ出す。
自分が正しいと思うなら最後まで反論しなきゃだめだ。
あの飛ぶ鳥を落とす勢いだった小池東京都知事もそうだった。
思いあがった『排除の論理』を振りまわして奈落の底へ。

常に世論を味方にしなくてはダメだ。
今は池坊保子はYahoo!コメントでは最悪だ。
少しはこのYahoo!コメントを呼んで、世論の何たるかを勉強してほしい。

・自分がやられて嫌なことを人にやるな、と小学生の時教えられなかったのかな?
悪意は必ず自分に返ってくる。
当然の帰結。

・最初にワイドショーに出てペラペラ話しすぎたのがまずかったね。立場考えたら私見も述べちゃダメだった。確かに気の毒な面もあるけれど、この人も事の重大性がわかってなかった一人でしたね。

*そうだね。ワイドショーに出て人気取りのつもりが逆に
不人気を背負ってしまったね。
人を高飛車で見る態度が世論の反論を買うことを知らなさすぎる。

・ブーメランが返って来ただけじゃねーの?

*そう、まさにブーメランの法則だよね。
小池都知事を含んで高飛車な態度は必ず投げたブーメランが
自分のところに戻ってくる。
だけど彼女らは、自分が投げたものがブーメランだと気づかないのが
玉にきずだね。

スポンサーリンク



・自分の身は守るか。
貴乃花親方が同じ事をしたら、批判したのにね。
被害者なのに叩かれ、本来守るべき立場の人から批判された貴乃花親方の気持ちを推し量る器量があれば、あんな物言いにはならなかったと思う。

*自分が傷つけたことは感じないで、自分が傷ついたことは
感じる身勝手な感覚には驚きだ。

・矛盾している。貴乃花親方が聴取に応じないと文句をいい、今度は自分が逃げる。
ならば辞めればよい。

*お笑い種だね。
今度は取材に応じない自分を礼がないと攻めればいい。

まとめ

結局は、最後まで世論の反論を買ってしまいましたね。
貴乃花の次は、今度は自分が逃げだすことで他人の痛みを
察すればいいんですが、そんな玉ではないようですね。

スポンサーリンク



スポンサーリンク