【惜しい】坂本花織 全日本選手権2位!平昌2枠目争い混沌


【惜しい】坂本花織 全日本選手権2位!平昌2枠目争い混沌 | トレンドニュース

【惜しい】坂本花織 全日本選手権2位!平昌2枠目争い混沌

SP首位の坂本花織(17)=シスメックス=は、140点台にわずかに乗せることが出来ず139・92点、合計213・51点で初優勝ならず、2位に終わった。1位で終われば間違いなく平昌五輪出場が確定したが
2位なんで樋口との出場争いが混沌としてきた。
今日男子試合が終わり次第発表になるようだ。

詳しくはYouTubeにアップロードしました。ご覧くださいね。



ネット上の反応は!?

・個人的には坂本選手が妥当だと思います。

大事な場面で安定した演技ができるかどうか。これが一番大事。
そう考えるとグランプリファイナル、全日本という大きな場面で立て続けにジャンプのミスが出てしまった樋口選手は少し頼りなく思えてしまいます。 ショートでミスがなければ今回は3位に食い込んでいたはずです。
表彰台を逃したのはかなり痛いと思います。

*そうですね。それが妥当の線ですよね。
そうでなければ全日本の価値が下がりますよね。過去の実績より
今のコンディションの良さで判断するのが妥当でしょう。

・もう答えは出ていると思う。ナショナル大試合での直接対決でショート、フリーともに上回った坂本選手が代表で異論はない。シーズン初めから頑張ってきた樋口選手には気の毒だが、本人が1番気にしていたジャンプの抜けのミスを繰り返し、ジュニアの紀平選手にも抜かれ、台乗り出来なかった時点でもう勝負はついているのでは?高橋VS小塚のケースは片方が五輪メダリストでしたし、ちょっと話の次元が違いますよ。

*日本女子は世界に置いていかれてる感があるけど、坂本選手のダイナミックなジャンプは世界と戦えると思う。

・オリンピックは勢いも大事だと思う。
樋口選手自身もオリンピックでメダルを狙うなら最低でも210点以上必要なのはわかってるはず。

この直近の大会で2回連続で210点超なのは坂本選手、2回連続で210点下回ったのは樋口選手。
直近の勢いで評価するなら坂本選手だと思う。
それに坂本選手の方がまだまだ伸び代がある気がする。
樋口選手も全日本で表彰台に乗れていれば可能性もあったと思うけど、ジュニアの紀平選手にまで負けてしまったのは痛いと思う。

・坂本花織選手一択。
SP首位に立つとフリーで崩れてしまう選手が多い中、
最終滑走でよく滑り切ったと思う。
こういうメンタルが強い選手にこそ、オリンピックに連れていくべきだと。そして樋口選手より明るい雰囲気があるのもよく、
宮原選手とも仲良さそうなので相乗効果があると思う。
樋口選手はやはりジュニアの紀平選手より下位である印象が残ってしまうね。3枠あればねえ。
どちらかと言えば坂本選手かなあ。
今絶好調だし大舞台に強そうだし。
オリンピックでは樋口選手より坂本選手の方が上位に行けそうだし。

*プレッシャーに強そう。期待大。

スポンサーリンク



・樋口選手はやはりジュニアの紀平選手より下位である印象が残ってしまうね。3枠あればねえ。
どちらかと言えば坂本選手かなあ。
今絶好調だし大舞台に強そうだし。
オリンピックでは樋口選手より坂本選手の方が上位に行けそうだし。

*難しいところだが坂本選手でいいんでしょう。

・全日本の結果反映させる選出が妥当だろうなぁ。樋口さん、プラス考慮するほどの功績はまだない選手だし。前回五輪の男子、小塚選手か高橋選手か…ってのでソワソワしたの思いだします。

まとめ

坂本選手押しが大半のようですね。
いずれにしても出場を逃がしたほうは、号泣じゃないでしょうか。
オリンピックに出る出ないはその人の人生にも大きな影響力を
与えるは分かっているから。
ここが人生の難しいところ。ナーンテ知ったぶり。

スポンサーリンク