紀平梨花 3回転半&3回転世界初成功!


紀平梨花 3回転半&3回転世界初成功! | トレンドニュース

スポンサーリンク


紀平梨花 3回転半&3回転世界初成功!

15歳の紀平梨花が、ISU公認大会では史上初の
トリプルアクセル(3回転半)―3回転トーループの
2連続ジャンプを成功させ話題尾を呼んでいる。
年齢制限で平昌五輪は出場できないが今後の活躍が
大いに期待される。

第2の浅田真央になれるか、見守っていきたい。 
詳しくはYouTubeにアップロードしました。ご覧くださいね。



ネット上の反応は!?

・紀平の優れている点は、加点も付く質の良さと他のジャンプも得点源に
できるところ。そのうち伊藤みどりのように後半に跳べるようになるかも。

・SPとFSの合計が、1位トゥルソワ205.61!2位コストルナヤ204.58!
これまでジュニア女子で200点越えを果たしたことがあるのは、アリーナ・ザギトワ(208.60)と本田真凜(201.61)の2人のみ)
両者の記録がシーズン終盤のジュニア世界選手権だったことを思えば、シーズン中盤のJr.GPFでそれを果たした選手が2人も出てきたのは驚異とかいうしかない。
他の選手も凄かった。3LやFからの3-3や3-2-2を両手を上げて軽々と跳ぶ。
ジャンプは身体が軽いジュニアが有利な面もあるとはい技術の進化を感じる。
世界ジュニアではさらに200点越えの選手が増えるだろう。

紀平梨花が3A-3Tを世界で最初に決めてみせたことも素晴らしい!
単独の3Aがパンクしたのは惜しかったが……。昨年初めて3Aを決めたときより身長が伸びたことを思えば今後も期待できる。
ともあれ、世界ジュニアが楽しみ。

・紀平選手3A-3T成功おめでとうございます。
こういう偉業に「真央超える」なんて言葉は必要はないと思います。
マスコミは考えなしに「○○超え」「ポスト○○」と言いますが、選手に対する敬意が全く感じられませんし、双方を応援するファンにとっても不快です。
他の表現を考えられないのか、考えることを放棄しているのか。
こういうタイトルを見るたびに呆れます。

・見事なトリプルアクセルのコンビネーションだった。
しかし、ジュニアもこぞってタノジャンプばかりだった。今やアクセントに手を上げるわけではなくなり、そういう意味でタノジャンプの価値が下がってみえてしまう。
紀平は、トリプルアクセルを武器にまだまだ成長の兆しが見える。楽しみな選手だ。

スポンサーリンク


・他の選手にもいい刺激になると思う。
みどりさんや真央さんのように ずっと跳び続けられる選手になってくれたらな。
昨年の全日本で観られるかと思っていたが確か怪我か何かで調子が悪かったようなので残念だった。彼女の動きの軽やかさしなやかさもどんどん磨いていってほしい。

・凄い!でも惜しい!
2本目のアクセルが決まってたら200点超えてたかも。
今年の全日本、楽しみです。

・紀平には期待しているけど、前人未到のジャンプを成功しても総合的に上に立てないのは問題だろう。長年世界をリードしてきた日本の女子フィギュアも近年はロシアの層の厚さや急激に強くなったカナダなどに後れを取ってしまっている。
本田真凛も世界ジュニアで優勝したけれどその後はライバルたちの成長に後れを取っている印象は強い。

日本の女子フィギュアが再び世界のトップに立つには、道のりは厳しいと言わざるを得ないだろう。

・紀平さん、3A&3T成功おめでとう。続く3Aは、残念ながらミス
だった。成功すれば逆転も可能だったのだろうか?
順位は変わらず4位だ。紀平さん以外は全員ロシア勢なのは、驚き
ですね。そこで次の全日本では、是非ノーミスのSP,FSを期待
してしまいます。

まとめ

本当にすごいことだけれど・・・体操もそうだけれど、どんどん技の何度が上がって、無理な挑戦が故障につながらないか心配です。成長期の方がたくさん活躍するスポーツなだけに余計に。

スポンサーリンク