スポンサーリンク

羽生結弦 SP最高得点! オータムクラシック

羽生結弦 SP最高得点! オータムクラシック

さすが世界の羽生ですね。
フィギュアスケートのオータムクラシックのショートプログラムで
自身の持つSPの世界歴代最高得点を更新しました。
競技前に右膝に違和感がナーンテいう情報が入っていたので
心配でしたが、よく持ちこたえましたね。
ネット上でもコメントが続々と入って来ています。

詳しくはYouTubeにアップロードしました。ご覧くださいね。



ネット上の反応は!?

・そうだろうそうだろう、羽生には何も言えないだろうね。
羽生は神様、仏様。フリーは見なくても多分優勝している。
NBCスポーツの本田真凛上げ解釈には驚いたが、羽生に対するコメントはまとも。

・観たけど、本当にあまりにも美しすぎて うっとりと…口ポカーン…となった。
解説者も終始 無言・・・で、演技終わりにアナウンスの方に声を掛けられ、はっと我に返ったようにコメントしていた。
非の打ち所のない演技だった。
あの演技の前では、誰も追随出来ない。
無理してループを跳ばなくても、あの演技であれば、間違いなくオリンピックで優勝出来る。

・初戦なのに、身体のキレがよくてびっくりした。無駄な動きが全くなくなり、彼の身体のコアから直接ピアノの音が出ている感じ。ピラティスをやる人には、これがあるよね。

・それゃーそうでしょうね~
以前ショパンを生んだ国ポーランドの実況解説者が、そのバラードの羽生選手の演技を神からの贈り物のように解説していた位ですから(^-^)

スポンサーリンク



・これで平昌負けたら運がないとしか言えない。
奇跡の一発屋、荒川静香の例があるからね。
勝負に絶対はない。

・プロトコルがはやく見たい。
3つのジャンプ全て完璧に揃えてた。
GOE最大の3点がそのうちの二つのジャンプについているというが
では3点つかなかったジャンプは何なのだろう?

最初の4サルコウは3回転かと思うほど余裕がある高いジャンプだった。
後半のトリプルアクセルは片足のまま滑ってきてその足でジャンプして
着氷後も片足のまま、というカウンターからの入り。
羽生選手以外誰もできない。
最後のコンビネーションは音楽にピッタリ合って
特に二つ目のジャンプのタノは、音に合っていた。
ショパンの音色に、ここでタノでなければ
アクセントがつかないよと
羽生選手に教えられたような演技でした。

・2015年シーズンとはまた違った解釈に思える演技で、成熟したと感じました。躍動感を全面に出したのが2015シーズンで、今期は静からの動ですが、後半も溜めと抑制が効いていて細部までコントロールされていたのは見事。これで最初のジャンプが4Loで加点がついたら115点ですね(笑)

・最近聞かないと思っていた矢先に!
すごいっす……日本人アスリート最近すごい

まとめ

4回転ループを入れていればもっと得点が出るのだろうか?
それとも実は入れないほうが出るのだろうか?

羽生はいずれにせよ、入れるんだろうな。

スポンサーリンク