スポンサーリンク

シャラポワ 15か月ぶりにコートに復帰!

シャラポワ 15か月ぶりにコートに復帰!

シャラポワが15か月ぶりにコートに復帰した。
全米オープンテニス女子シングルス1回戦で第2シードの
優勝候補シモナ・ハレプを破ってコートで泣き崩れた。
ネット上でも話題に。

 詳しくはYouTubeにアップロードしました。ご覧くださいね。



ネット上の反応は!?

・トッププレーヤーの参加は商業的にはもちろん大きく、チケットの売り上げに大きく関わるが、全仏OPはシャラポワにWCを与えなかった。WCはけがによるランキング低下や有望な若手のための枠という理由で。
それに対し全米OPはより観客が楽しむ試合を優先しやや興業性が高くなるのでシャラポワにWCを与えた。
それぞれのテニス協会が決めることなのでどうこう言えるものではないが、ドーピング選手にWCを与えることには否定的な人が多いとは思う。

・ハレプ何でここで負けちゃったかな〜
一位のプレッシャーかかるととことん沈んでしまうのはもったいないなあ。
凄腕のメンタルトレーナーとかつけて頑張ってほしい!

・この試合見てなかったんですけど、勝利した時の観客の反応はどうだったんですかね?
ガトリンはブーイングの嵐でしたよね。
一方シャラポワはどうだったんでしょうかね?
やはり、可愛い、美人は正義でしたか?

ちなみに私はシャラポワ好きな選手ですけど、この件があってからは素直に喜べません。
例えドーピングの効果が全くなかったとしても、そればかりは一度ドーピングをしてしまった選手はゼロとは限らないしね。

・ダーティーな部分は置いといて
このクラスの選手がランク146位だとシード選手には地雷やなぁ

スポンサーリンク



・シャラポワが引っかかったメルドニウムって、明らかにスポーツパフォーマンスを上げる効果もあるんでしょ。

一応メルドニウム自体は狭心症の薬だから、もちろん引っかかったシャラポワは昔から狭心症だったので治療用だと答えてたはず…

ちょっと信じがたいけどなぁ
にしてもドーピングで陽性になった人がまた復帰できるのはやっぱり甘すぎるんじゃないか?

選手としては歴史に残る選手だったのにどうしてもドーピングの言い訳が胡散臭すぎてね。他のスポーツでのドーピング陽性反応者も同じく。

ドーピング事情を勉強して、本当に事故でドーピング引っかかったっておもったのは元ソフトバンクのガトームソンくらいだなぁ。ステロイドによるハゲを防ぐフィナステリドって成分が育毛剤にたまたま入ってて制裁食らってたから。

・批判している人はたとえ予選から勝ち上がっても批判するでしょうね。いい試合だったとおもう。
嫌いな人は見なきゃいいとは思う。

・程度の差はあれど一度の過ちくらい誰だってしてるでしょ。
批判してる人はさぞ素晴らしい人生を送ってるんでしょうね。
まぁ、ガトリンのように2回とかなら擁護しようがないけども。
セカンドチャンスくらいあげたって良いと思う。

・デルポトロと違って迷惑ノーシードの意味合いが異なるので、複雑な感情を呼ぶ勝利ですね。素直におめでとうございますとはならないです。ハレプ、勝ってほしかったし、負けた今となっては本当に不憫です。

まとめ

確かに一度の過ちはあったかもしれないが、これほどの努力家に対してネガティブなコメントをしている方々は一点の曇りもない素晴らしい人生を送ってきたのだろうな。うらやましい。

スポンサーリンク