スポンサーリンク

蓮舫代表を辞任に追い込んだ民進党内部の事情

蓮舫代表を辞任に追い込んだ民進党内部の事情

昨日は民進党代表の蓮舫の辞任。そして今日は稲田防衛相の辞任と
おおきな辞任が続きましたね。
民進党代表の蓮舫の後はだれがなっても同じナーンテいうコメントが
WEB上を賑わしています。

詳しくはYouTubeにアップロードしました。ご覧くださいね。



ネット上の反応は!?

・これは蓮舫だけの問題ではなく、民進党全体に同様の問題を抱えているでしょう。
民進党員は、重大な問題があっても、すぐにウヤムヤだよね。山尾の問題はどうなったのでしょう。
何一つ建設的な話ができずに反対だけって、ハッキリ言って共産党・極左暴力集団レベルですね。

・これは蓮舫だけの問題ではなく、民進党全体に同様の問題を抱えているでしょう。
民進党員は、重大な問題があっても、すぐにウヤムヤだよね。山尾の問題はどうなったのでしょう。
何一つ建設的な話ができずに反対だけって、ハッキリ言って共産党・極左暴力集団レベルですね。

・二重国籍疑惑も解消されずに、子供が20歳過ぎるまで国民をだましていたことが何よりも原因なのでは?

・結局、台湾籍に愛着があって国籍離脱できなかったんだろう。一年前に素直にそう言って謝れば違ったと思う。最後は差別主義だなんだと日本人に説教たれたからな。最悪だよ。

スポンサーリンク



・代表になる前に、戸籍など色々と調整してたら良かったのにね。
なんかジャンヌダルクの魔女狩りみたいだ…
何処に向かってるか知らないけど不気味。

・代表を辞めたからこそ、徹底的に国籍問題について明らかにしなければならない。次に誰が代表になっても支持率は上がらない。上がる訳が無い。

・蓮舫さん、潮目が変わったのは去年の都知事の立候補問題ですね。あの時、良い決断をしていれば、今の小池さんと逆の立ばでしたね。逃がした魚は大きいですね。

・人に向けた刃が自分に戻ってきただけ。もっと強くなるのではなく、もっと人に優しくなりなさい。真の女性リーダーは、柔らかくユーモアがあり、やるときはやる!、そんな人。

まとめ

ほとんどが蓮舫批判ですね。
今回の加計問題での質疑は蓮舫が一番、歯切れがよく分かりやすかった。
相手を追及する質疑は彼女の右に出るものはいない。
そんな彼女で民進党がまとまれなければ、崩壊の一途だろう。
彼女に勝る人材がいるというのだろうか。不思議でならない。
民進党の党の再建が一番だ。

スポンサーリンク