翁長沖縄県知事 ワイントンに出立!辺野古計画見直し訴え?


ワシントン訪問は意義があるのか

翁長雄志沖縄県知事が辺野古の新基地建設計画阻止を訴えに、アメリカワシントンに
出立するようだ。ネット上でも私費で行くのか税金を使っていくのか話題を呼んでいますね。

ネット上の反応は

・基地問題よりも、子供の貧困や中国侵略問題など、他にすることあるでしょ?
この人今やっている事が本当に沖縄を良くする事と思っているのかなぁ〜

・米軍基地撤退した後の政策や雇用対策明確にして下さい
米軍基地がある事でたくさんの雇用もあると思います。撤退って言うだけなら自分も出来ます。
知事と言う要職ですよ。
中国の軍艦等が沖縄に迫った時には何かコメントされましたか?
基地問題も大変な問題と思いますが領域に侵入してくる国の問題の方がもっと
重要じゃないのですか?

沖縄県民の為によく考えて仕事して下さい

・結局『アメリカ観光』で終わるんだろうなぁ・・・
それにしてもそれ目的で当選したとは言っても基地反対に重点を置きすぎなんじゃないのか!?
沖縄県政は一体どうなってるの!?と言うか副知事が辞任したのにそんなことやってる場合なの!?

・公費・税金まだ使ってアメリカまで行くのに。なぜ、尖閣諸島の問題で、中国に抗議に行かないのか疑問である?
それに、経費の無駄ではないかと思いますが・・・・・・・・・・・・・

・知りたいのですが、この知事は県内のもっと身近な行政には目が行き届いているのでしょうか。
先日の副知事の件もありましたし、県の活動は健全なのでしょうか。本当に沖縄のみなさんは納得されてますか?

・訪米はあらかじめの予定とは言っても、副知事問題は放置か?
副知事問題は”オール沖縄”の資質を問われ得る事態になる問題。
何のアクションも無いままの外遊は無責任に極まる

・狙った政策の実現に力を及ぼせそうな人と会うのでなければ、ただのアメリカ旅行なのではないか?
逆に力のある人なら当然、要求には対価を求められると思うが、まさか勝手に国を売ったりすまいな?

スポンサーリンク



・そもそもトランプ氏があれだけ強権発動しているのに、自分達の意に沿うような議員と会った所で「会いに行きました」と言う既成事実が残るだけの事。直談判するならまずトランプ氏だろうけど、そのトランプ氏の所にホイホイ会いに行った所で会える訳がない。
良くも悪くも利益第一主義みたいな部分もあるのに米軍基地を貶めまくっている沖縄県が何を手土産に行くんだろうか。
一体何の意味があるんだ?ただの米旅行か?
365日基地問題ばかり考えて県民の通常の生活に関しては何をしているの?

・二重外交になっちゃう。
面会する層が全く違うからいいか。
地方自治体の物見遊山の海外視察には腹経つけど、外交やら防衛に口出しする海外視察は許せないわ。

・現状を見て、トランプ大統領が決めたら、反対なんか無駄な事だと考えられない知事って何だろうと思ってしまいました。
渡米費用は個人負担ならまだしも、税金を使って多人数で行くのは、現状把握出来なさすぎだと思います。

・首脳会談も終わっていない時期に出向いて行って、前向きになると思っているのだろうか。安保の重要性と経費負担を押し付けられてくるだけに終わり、結果、国の(税金)負担が増える事にならなければよいが。

・全副知事の任命責任について、きっちりけじめを付けて下さい。
左巻きの人たちは、本当に、他者に厳しいが、身内に甘い。
だから、左巻きの人たちが政権を取ると、汚職が横行するという抵抗感があるのですよ。

まとめ


*一人として翁長知事に賛同する人がいないというのも驚きです。
500以上あるコメントがすべて翁長批判です。
載せてはいませんが頭の髪の毛の問題まで突っ込んでいるコメントも
多々あります。

常識的観点から考えれば、国賊ですよね。他の中国や、北朝鮮なら即アウトですよね。
日本という国のおおらかさに感謝すべきですよね。
当然アメリカもこんな大事な国防問題で、国が許可もしないのに勝手に他国へ
のこのこと外交にやってくる人間を処分しないのか不思議がってるんじゃないでしょうか。

日本の国益にプラスになるのなら大いに結構。
恥の上塗りに行くなら、きちんと処分すべきだと思いませんか。