ネイサン・チェン 5本の4回転成功!羽生を脅かす?



22日、カンザスシティー「フィギュアスケート・全米選手権」が、行われ
ネイサン・チェン17歳が、フリー演技で4回転ジャンプを4種類5本成功させる
演技で212・08点をマークし優勝しました。

・昨シーズンはボーヤンが4回転ルッツ跳んで
(まだ他の要素で粗削りな部分が多いものの)
とんでもない若手が出てきたなと思ってたばかりなのに最近の男子は本当に進化の速度がすごい。

・ジャンプに関してネイサンに勝てる選手現時点でいないと思うわ
羽生はトータルで勝負する選手だしタイプが違うから見てて面白い
でもネイサンは元々スケーティングの方も評価されてるから平昌はわからんけど北京五輪の時はもしかしたら無双してるかもしれんな

・羽生くんもきっと喜んでるよね。かつての自分のように真っ向勝負で挑んでくる若者がいることを。「全部出した上で俺が1位なんだよ」って言いたい羽生くんだもの。四大陸楽しみ。

・これって見出しにしていいのか?(笑)今の所のネイサンのパーフェクトなのかな?5クワド成功は本当に凄い。羽生選手の本当にライバルに成りましたね。けど、3クワドで公式戦、ホームじゃない場所で219…330の羽生選手の凄みを改めて知る。ワクワクして来ますね。

・そんなネイサン選手の実力を数年前から見出していた羽生結弦選手には先見の明がありますね。ソチ五輪の直後のインタビューでも、若手の躍進について語っていて、フィギュアスケートの進化を楽しみにしていました。羽生選手の思い描いたとおり、若手もベテランも皆が切磋琢磨する凄い時代になりました。その中で、常に己の限界に挑み、ライバル選手達をリスペクトして高みを目指す羽生選手は素晴らしいです。だからこそ、若手選手達が彼に追いつけ追い越せと精進するのでしょうね。どの選手も健康で頑張ってほしいですね。

スポンサーリンク



・羽生さん自身も周囲の我々も、追撃する若手軍団の中でもネイサンだけは別格との思いでしたが、矢張り凄い速度で進化してきましたねーー
まだ17歳ですよ…これこそ本物の羽生超えになりそう!素晴らしい!
しかし、強気の羽生選手だから平昌までは更に頑張る事でしょう!
見守って応援してますよ。身体だけは慎重に大切に!

・ネイサン選手はジャンプも癖がなく4回転は安定しています。苦手だった3Aも決められるようになり、スケーティングもよく、バレエも家族がやっているので心得があります。たぶん1番恐ろしいライバルになってきたと思いますね。どの4回転にも3Tをつけられるのが1番脅威かもしれません。

・4回転が軽視されていた時に、
プルシェンコやジュベがずっと4回転を飛び続けて
フィギュアスケートのスポーツとしての進化の火を消さないでくれていた。
それがやっと今こうやってまた1つ新しい世界を見せてくれたのだと思うと、
本当にプルシェンコを始めとした選手たちに感謝の気持ちでいっぱいです。

・いつもは軽く見られている四大陸選手権が凄いことになりそう。
平昌オリンピックの会場で開催されるから、例年ならでないかもしれない有力選手が参加してくる。とても楽しみ。
ただ、ここんところの日韓のごたごたで日本選手が韓国でなにか嫌なことをされなければいいなと思っているのですが…。

・ジャンプだけがフィギュアじゃない的な意見も多く聞こえてくるけど、選手はみんな現時点で自分のできる最高の演技を目指しているわけで、ジャンプが得意な人はそこを伸ばしてくるのは間違いじゃないでしょ。
その上で自分に無い物を補うべく、日々の練習を積み重ねているんじゃないのかな。ジャンプだけ跳んでりゃいいやなんて思ってる選手なんていないと思うし。

・羽生、ボーヤン、ネーサン、東洋系の選手ばかりだ。凄い時代になったね。
クワド5本は 確かに偉業だけど、怪我も伴うからな〜、どこかで制限かけた方がいいかもしれない。


*羽生君がデビューしてまだ間もないナーンテ思っていたら、光陰矢のごとし
ですね。もう次世代の若武者が出始めている。
それも羽生君同様の才能を秘めた若者。いあかに王者、羽生に立ち向かっていくかが
楽しみですね。