オバマ大統領 涙のラストスピーチ 日本語訳音声フルバージョン


スポンサーリンク

オバマ大統領 涙のラストスピーチ 日本語訳音声フルバージョン | トレンドニュース


オバマ大統領がシカゴで「別れのスピーチ」をして、涙ぐみました。
共和党のブッシュ大統領から引き継ぎトランプへと橋渡しする。

その8年間の想いを語りました。
そして最後には家族への感謝、スタッフへの感謝と続きます。
この熱いメッセージの日本語訳を音声にしてYouTubeにアップロードしました。

目で文字を追うより、強烈に心に入ってきますよ。
ちょっと長めですが、聞いてみてくださいね。

このオバマ大統領のメッセージを日本のネットユーザーはどのように
思っているのか興味があるところですね。

・功績があんまりないという人がいるけど、ブッシュの戦争の片付けをやり、ビンラディンを成敗しと、忍耐と理性を
もって大統領職を8年も務めたのはすごい。そのせいか、老けてしまったな、という印象がある。今後はゆっくりして
ほしいです。

・夫人への感謝を述べたときの涙するオバマさんの姿に感動して私まで涙が出ました。
色々言われたかもしれませんが、大統領にふさわしい品のある方だったと思います。
もちろん、ご夫人も・・・次のお方は・・・品が感じられない・・・
言動もですけど^^;

・いい演説だったね。感動した。8年間、アメリカ大統領としてお疲れ様でした。
家族の支えがあってだろう。
オバマさんは本当に人柄がよく、2期目は日米同盟強化に尽力してくれた。広島訪問、真珠湾方もも象徴的。
今後の活躍も期待する。

スポンサーリンク



・低く評価する人も多いのだろうが、リーマンショックの後片付けをやり切っただけでも凄いと思うよ。景気回復しても仕事が無いとか不満が渦巻いているのかもしれんが、あのショックのときトランプみたいなのが大統領だったら、今頃とんでもない失業率だろう。

・オバマさん、見てて相当苦労して老けてるんだろうなと実感した。だってlgbtの人々の為にも色々と取り組み、同性婚合法化させた素晴らしい人じゃん。本当にお疲れ様です。後のトランプの活躍がど

・ゴルバチョフのように自国での評価が低く、他国からの評価が高い人かもね。とにかく誠実なナイスガイでした。お疲れ様。

・政治家以前に人して立派な方だと思う。
この国の大統領は良くも悪くも強烈なリーダーシップがないと務まらない
少なくとも権力を嵩に私利私欲とは無縁だった。

・党規で決まってる任期を、オリンピックに出席したいからか知りませんが、平然と延ばそうとしている国と、決まっている事に従うという違い。謙虚さを常にもっている大統領だったと思いましたが、優しすぎという声もありましたね。しかし、お疲れさまでした。スピーチ、感動しました。次期大統領がどうかは未知ですが、ごねたら何とかなる考えはやめたほうが無難な気はします。

・感動的です。
今までのアメリカは奴隷制度から始まって、人道的な改革が求められ、為されてきました。一人一人の人間がみんな同等の権利を持ち合わせているということを訴え続け、そしてアメリカという歴史が作られてきました。女性の地位の向上の問題もアメリカが最初に提示していきました。オバマはそんな歴史を作り出した人の一人だったと思います。これからどうなるのか。このようなアメリカの偉大な業績をトランプはどのように対処していくのか。

・トランプさんは品がない。
お金はあるかもしれないけど、どこの飲み屋で引っ掛けて来た人なんだという感じ。
オバマさんはスピーチ上手いし、心と大統領の品格がありましたね。
少なくとも大統領には備えててほしいものかなと思います。

スポンサーリンク



・とてもインテリジェンスある、人間として尊敬できる大統領でした。それ故に政治家としては苦しみや困難が多かったと思います。外から見れば次期大統領との差は歴然としていますが、中にいる人からはまた違った見方があるのかもしれません・・が間違った方向にだけは行って欲しくないと心から願います。

・家族愛だけではない。銃社会の被害に遇った人達の為に、オバマ大統領は人前で人の為に泣ける人。人としても尊敬し、大変ジェントルマンだと思う。
派手好きなアメリカ人には物足りない大統領だったかも知れないが、好きな政治家だった。

・ヒラリー氏が間違いなく当選すると言われていた2008年の大統領選挙に47歳という若さで立候補し、ディベートやスピーチであっという間に国民の支持を集めました。
その、理想主義的であり、理想を実現する為に何をしなければいけないのか、情熱を持って語るオバマ・スピーチは、最後のfarewell speech でも健在でしたね。やっぱり感動します。
反面、彼の政治はポリティカル・コレクトネスに拘り過ぎて、多数の白人ミドルクラスの怒りをかい、結果、対極の政策を掲げるトランプ氏に大統領職を引き継ぐ事になってしまいましたが、でも、今みても品格、知性、国民とのコミュニケーション力で、トランプ氏よりもオバマ氏の方が、大国アメリカの大統領にふさわしいように思えます。

・所謂有識者が オバマ氏は理想を追い過ぎたと言っていたが 理想=目標を掲げるのは 当然だ。
でも次期大統領が、オバマ ケア撤廃、難民徹底排除、身内の登用…暗黒時代に逆戻か?
第三次世界大戦も辞さない勢いで 非常に不安だ。

・夫人は日本へは大統領と一緒には来ず、子供たちの夏休みといって中国へ行きましたね。

少し前ですが、日本ではアホ民主の時代にドデカイ地震が起きました。
米軍は被害状況がまるで分かってるように、避難回避が見事でした。
復興のタイミングを見計らったように、裏で日本へ色々と難題を叩きつけたのではないかと想像します。

しかしながら、核廃絶に向けたそのアイデアと努力は称賛に値します。
新しい技術の開発と独占は、アメリカ一極独裁を維持します。

*ほとんどがオバマ大統領の人柄を褒めたたえるコメントでいっぱいです。
それに比べて次期大統領に対しては不安がいっぱいのようです。
日本の軍事問題に対して新たに難癖をつけてきましたね。


スポンサーリンク