箱根駅伝は青学の圧勝で終わりましたね。
4連覇への可能性を秘めた他を寄せ付けない圧倒的な強さでした。

そんな中で隠れた一人のヒーローが誕生し、話題を呼んでいます。

照井明人

関東学生連合の代表として10区を走った東京国際大4年生だ。
区間賞を獲得した順大・作田直也の記録を2秒上回る1時間10分58秒
の快走を見せた。

公式記録としては残らない“幻の区間賞”となったのは残念だが
照井明人の名は語り継がれることだろう。
社会人になってもこの誇りをもって活躍してほしいと思います。

WEB上にもたくさんのコメントが寄せられているので紹介します。

・参考になるのは残念だが「幻の区間賞」って響きもそれはそれで良いと思うw
今年の学連は全体的には低調だったけど3区の平賀と照井は本当にいい成績だった。
大学では無理でも、今後実業団で活躍してる姿を見たいです。

・学連選抜として全体の記録が参考になるのはわかるけど、個人の記録なんだからそこはちゃんと残してあげてほしい。
一緒に同じ距離を走ってるんだから。

・区間賞だけでも公式記録にならんかな?自分より早いやつがいた区間賞ってのも
取った方もすっきりしないんじゃないかな?

・同じ距離を走っているのに気の毒。正式記録して認めない理由は何ですか?もし、学連選抜の選手だからって理由だけならおかしい。来年から正式記録として認められるように、ルール改正した方が良いと思います。

・記録にならないのは無念だけど今年の10区で一番速かったというのは揺るぎない事実です。毎年学生連合を応援している身としてはとても嬉しいです。

・途中棄権の大学が参考記録になるのは理解出来るけど、学連選抜はなんで参考記録扱いなの?
以前は公式記録扱いだったし、同じコース走ってるんだから公式記録にしてもいいと思う。

スポンサーリンク



・オープン参加でも記録は記録。素晴らしいと思います。一緒に走ったんだから正式記録にすればいい。いつも思うが協会はせこい。

・参考記録になぜなるんですか。オープン参加だろうけど公式に認められた距離走るのは他の選手と変わらないのに。見直す事は毎年見直していいと思う。

・順位も参考、区間記録も参考とモチベーションが上がらないだろうと思うけど、その中でよく頑張ったと思います。

・関東学生連合は出れない大学の素晴らしい選手を集めて、箱根駅伝を走ることができる良い制度だと思います。また、走った経験をチームに生かして、来年の箱根駅伝に繋げることができると思います。
順位がつかないのはしょうがないのかなとは思いますが、区間賞を関東学生連合に与えられないのは、何でなんだろうと思うと同時に、与えられるべきではないかなと思います。
最後に、今年も箱根駅伝の選手に感動を頂きました。お疲れ様でした。

・チームとしての記録ならともかく、区間賞のような個人記録は認めてあげてもいいと思うけどなぁ!
いずれにせよ、見事な走りでした。お疲れさま!

・一つのチームではないから、仮に優勝してもそれを認めないのは分かるけど、区間賞とか区間新とかは残すべきだと思う。
でないと頑張る意味が薄れてしまうし、弱小大学に入った瞬間にどんなに頑張っても何の爪跡も残せないことが決まってしまう。

・区間賞は、公式記録にすべきでしょ。たとえ混成チームでも、区間の記録は個人のタイムなんだし、チームでも他のランナーがアクシデントで棄権しても参考記録になってしまうってなんていう決まりは納得いかない。

ほとんどのコメントが照井明人の活躍をたたえる気持ちがいいもの。
それと個人記録としては残すべきだという意見が大多数。

この辺の意見はこれから、おおいに参考にすべきだと思います。
伝統ある箱根駅伝をより一層盛り上げるためにも、また予選会を含め
参加する選手たちの希望にもなる。

チームとして本戦に参加できなくても、個人的に力が抜きんでていれば
記録が残るとすれば、多くの選手に力を与えることができる。

未来永劫に箱根駅伝をつたえていきたいところだ。