スポンサーリンク

和布刈神事 旧正月を祝う トレンドニュース




和布刈神事。この行事は毎年旧暦の元日の未明に三人の和布刈神社の
神職がそれぞれ別個に松明、手桶、鎌を持って神社の前の関門海峡の海に入り、
海岸でワカメを刈り採って、神前に供える行事だ。

この行事は福岡県の無形文化財に指定されている。
私も最初は「和布刈」が読めなかった。「めかり」が正しい読み方です。

和布刈ってワカメを刈るという意味らしいです。よく日本の各地で
地元で取れた産物を神社に奉納するという慣わしがありますよね。
それと似ていますね。

歴史的には元明天皇が藤原京から平城京に遷都する710年に、神事で供えられた
ワカメが朝廷に献上されたという記述が残っているようです。

それと今日1月31日が旧正月の元旦に当たるそうです。知ってましたか。
私も知識があいまいなのでWIKIで調べると旧正月というのは固定していない
らしいです。

今年は1月31日が元旦ですが来年2015年派2月19日になるそうです。
今年と19日の差があるんですね。

参考:WIKIより
「旧暦1月1日は、通常雨水(2月19日ごろ)の直前の朔日であり、1月22日ごろ
から2月19日ごろまでを毎年移動する。旧暦で平年だった年は翌年の
旧正月は約11日後退し、閏月があれば約18日進む。」

ナーンテちょっぴし、容易には理解しがたいですね。

中国などでは故郷に向かう出稼ぎ労働者らの帰省ラッシュが
すごかったらいいですね。春節を挟んだ40日間、帰省客によるバス、
鉄道などの交通機関利用回数は過去最高らしいです。
NAVERまとめにもその様子の画像が載っています。参考にしてください。
なんせ、人口が日本と違うんで凄まじいの一言ですね。


トレンドニュース

最後にNAVERまとめから旧正月関連のまとめを4点セレクトしてみました。

世界のお正月・旧正月の恒例行事 旧正月(春節)のイラスト・WEB素材画像集【無料で使える♪】 今年は環境にも配慮した、中国人の旧正月の過ごし方

スポンサーリンク