スポンサーリンク

新国立競技場の起工式ほか

新国立競技場の起工式

東京オリンピックスタジアム・新国立競技場の本格的な建設が始まりました。

政府とスポーツ当局の首脳が日曜日に建設現場に集まりました。
東京は2020年にオリンピックとパラリンピックを開催する。

実際に建築作業は12月1日に始まり、計画よりも1年以上後に始まりました。
政府はあまりにもコストがかかると批判された初期設計を廃止した。

日本スポーツ評議会の大橋会長は、この式典で、新しいスタジアムが2020年の試合を
超えて日本と世界をつなぐことを望んでいると語りました。

安倍晋三首相は、東京オリンピックとパラリンピックを世界一のイベントにする必要があると述べました。
彼は、多くのアスリートがこの新しいスタジアムでの限界に挑戦し、人々と社会を活性化させると信じています。

小池ゆり子東京都知事は、2020年にスタジアムが忘れられなくなることを期待して、長い間皆様に
愛されることを願っていますと話しました。

建設は2019年11月に完了する予定です。

中国の船舶は尖閣近郊の日本の海域に入る

東シナ海の尖閣諸島から3隻の中国巡視船が日本の領海に入りました。
船は日曜午前10時のちょうど午後10時ごろにウツリ島に点在し、約90分、日本海を航海しました。

3隻の船は、後に、ウオツリ島の南西約26キロに位置する領海外の連続したゾーンで航行していました。
沿岸警備隊は日本海域に侵入しないよう船舶に繰り返し警告した。

今年は中国の巡視船が日本の海域に侵入した35日目です。 彼らの最後の侵攻は12月5日でした。
日本政府は、尖閣諸島は国家固有の領土だと言います。 日本は中国と台湾が主張する島々を
支配してます。

お互いに、こぜりあいを続けて自分の領土だと主張していないと、おのずから相手の領土となるのを
恐れてのことでしょうが。

このこぜりあいは、半永久的に続くように思えますね。

スポンサーリンク