スポンサーリンク

政権へ怒りの表れ!?野田民進幹事長

民進党の野田佳彦幹事長が新潟県知事選で米山隆一が勝ったことで
「安倍政権に対する県民の怒りの声も表れたのではないか」ナーンテ語って
話題を呼んでいる。

果たしてそうであろうか。
FNNの世論調査では、安倍内閣の支持率は、57.6%と上昇している。
今日はそんなところに焦点を当ててみよう。

新潟県知事選

新潟県知事選で共産党など野党3党が推薦した米山隆一氏が自・公推薦の
森民夫を破って当選しましたね。民進党は今回は自主投票で推薦や支援は
行わなかったが蓮舫代表が米山氏を応援しました。

自民は結構ショックのようでしたね。新潟都知事選、東京10区補選と
連勝して一気に解散ムードを高めたかったようでした。

安倍首相もこの敗戦を真摯に受け止めると話していましたね。
だけど野田佳彦幹事長が言ったような安倍政権に対する県民の怒りとは
ちょっと違いますね。

あくまでも柏崎刈羽原子力発電所の再稼働反対が強かったというだけで
安倍内閣批判とはちょっと違ったものだということを認識しなければいけません。

この点が民進党の甘さといえるんじゃないでしょうか。
もっとしっかりと状況を把握しなければ、政権奪回なんてほど遠いようですね。

私は以前から選挙はAKB48の総選挙と何ら変わりのない人気投票だと再三
述べてきました。

いちいち選挙前に各党のマニフェストをしっかり読んで、じっくり検討して候補者を
選択するナーンテいうことはほとんどしていないのが実情です。

要は人柄とか感じの良さなどで選んでいるんです。
参院選での蓮舫民進党代表、都知事選での小池百合子然りです。
なにも彼女たちの政策を他の候補者とじっくり比較して投票なんかしていないんです。

今度の東京10区補選もいい例です。
どうあがいても自民党推薦の若狭には誰も勝つことはできません。
あの小池都知事を応援して男をあげました。

その人気には他の候補がどうあがいても追いつくことはできません。
つまり人気度が違いすぎるからです。

スポンサーリンク



それじゃ、仮に東京10区補選に橋下元大阪市長が出馬したらどうなるか。
もちろん今度は橋下元大阪市長の方が若狭より人気があるから橋下元大阪市長
が間違いなく当選するでしょう。

まあ民進党の野田佳彦幹事長も一国の首相を務めた人間なんで、こんなことは
当然分かっていると思います。

野党の勢いを誘うための一種のアジテーションではないでしょうか。
福島の原発の事故以来、国民の脱原発の意識が強まっているんでしょう。

この柏崎刈羽原子力発電所の再稼働の遅れは当然東京電力ホールディングス
(HD)の経営再建に大きなダメージとなることは間違いがないようです。
その影響で株価も急落しました。

またこの米山隆一の当選は新潟県のとどまらず川内原発の停止を掲げて
鹿児島県知事に当選した三反園(訓)知事にも大きな影響を与えるのでは
ないでしょうか。

意を新たに再び強硬姿勢に出る可能性が大きいということです。

スポンサーリンク