スポンサーリンク

平野美宇 卓球女子W杯優勝!今度は私が主役よ 

ついに16歳の平野美宇が日本人悲願の卓球女子W杯の優勝を決めた。
中国勢は出場していなかったけれど、ワールドカップ最年少の優勝には
大あっぱれをあげたい。

先のリオ五輪では、4番手の控え選手として団体で銅メダルを取った
3人の練習相手をしていました。誰よりも一番練習をしたようですね。

今後世界ランクも現在の17位から7位前後に上がる模様。
準々決勝では先の五輪での団体銅メダリストの伊藤美誠を破った。
小さいころから二人はライバル同士で切磋琢磨してきたようだ。

東京オリンピック2020では二人とも日本のエースに育っていることだろう。

平野美宇プロフィール

生年月日      2000年4月14日(16歳)
              静岡県沼津市生まれ
最高世界ランク  11位
利き腕            右
グリップ           シェークハンド

「第2の愛ちゃん」と呼ばれ、子供のころ負けそうになると泣いて悔しがる
表情は福原愛にそっくりだった。

小学校1年生で全日本卓球選手権大会バンビの部で福原愛以来史上2人目
の優勝者となり、一気に話題になる。
それ以後順調に伸び、今年4月- ポーランドオープン女子シングルスで優勝。
そして今回のW杯優勝の快挙に至る。

平野美宇 動画集

4歳の頃の平野美宇ちゃん

8歳(小学2年生)の平野美宇ちゃん

卓球女子平野美宇初優勝

16歳・平野美宇、卓球女子W杯で日本人 最年少優勝!

スポンサーリンク