京都の台所として親しまれている錦市場(京都市中京区)が営業終了後に
30日まで江戸時代の絵師・伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)の美術館に代わる
「ナイトミュージアム」が話題を呼んでいる。

この錦市場の青物問屋で生まれ育った若冲の生誕300年を記念しての行事だ。

今回はこの若冲と錦市場に焦点を当ててみます。

伊藤若冲information

伊藤若冲プロフィール

1716年3月1日 – 1800年10月27日
江戸時代の中頃、京都で活躍した絵師。錦小路の青物問屋「枡屋」の長男
として生まれ23歳で4代目枡屋(伊藤)源左衛門を襲名するするも、40歳で家を
弟の白歳(宗巌)に譲り、名も「茂右衛門」と改め、隠居して絵に打ち込む。

当時は40歳は初老と言われていたから驚きだ。

若冲の作品の中でも圧倒的なな人気を誇っているのが冒頭の店のシャッターに
描かれた「鳥獣花木図屏風」です。
日本にはいない像や虎やラクダが描かれています。

伊藤若冲作品群とゆかりの寺


日出鳳凰図[にっしゅつ ほうおうず]
隠元豆 玉蜀黍図[いんげんまめ とうもろこしず]
糸瓜群虫図[へちまぐんちゅうず]
旭日鳳凰図[きょくじつ ほうおうず]
雪梅雄鶏図[せつばい ゆうけいず]
竹梅双鶴図[ちくばい そうかくず]
松鷹図(松に鷹図)[しょうようず / まつにたかず]

紫陽花双鶏図[あじさい そうけいず]

鹿苑寺大書院障壁画[ろくおんじ だいしょいん しょうへきが]
葡萄図[ぶどうず]
葡萄小禽図[ぶどう しょうきんず]
松鶴図[しょうかくず]
月夜芭蕉図[げつや ばしょうず]
芭蕉叭々鳥図[ばしょう ははちょうず]
秋海棠図[しゅうかいどうず]
双鶏図[そうけいず]
菊鶏図[きっけいず]。
竹図[たけず]
釈迦三尊図

孔雀鳳凰図[くじゃくほうおうず]

動植綵絵[どうしょく さいえ]
石峯寺 五百羅漢石像[せきほうじ ごひゃくらかん せきぞう]
果蔬涅槃図[かそ ねはんず]
樹花鳥獣図屏風[じゅかちょうじゅうず びょうぶ]

仙人掌群鶏図襖絵[さぼてん ぐんけいず ふすまえ]

蓮池図襖絵[れんちず ふすまえ]
群鶏図障壁画[ぐんけいず しょうへきが]
鶏頭蟷螂図[けいとう とうろうず]
菜蟲譜[さいちゅうふ]
石灯籠図屏風[いしどうろうず びょうぶ]
群鶏図押絵貼屏風[ぐんけいず おしえばり びょうぶ]
象鯨図屏風(象と鯨図屏風)[ぞうとくじらず びょうぶ]

鼠婚礼図[ねずみのこんれいず]

百犬図[ひゃっけんず]
虻に双鶏図[あぶにそうけいず]
付喪神図[つくもがみず]

時間がある方はぜひNHKスペシャル「若冲 天才絵師の謎に迫る」の動画をご覧ください!

石峯寺

京都市伏見区にある黄檗宗の寺院。
85歳の生涯を石峰寺門前の自宅で終え、同寺に葬られています。

錦市場information

錦市場概略

江戸期創業の“京の台所”で京都人の暮らしを垣間見る

懐石料理から精進料理、そして一般家庭の日々のおかずまで、
手に人らぬものがないといわれ、京都市民の胃袋をあずかるのが、
寺町通から高倉通までの東西の通り、長さ390mの錦市場です。

幅3.2mの狭い小路の両側には魚屋、八百屋、昆布屋、惣菜屋、雑穀屋
など140軒以上の店が品揃えとその品質、値段を競いあっている。

京の伝統野菜、若狭のひと塩もの、湯葉や豆腐、川魚、台所用品
などなど、京都人の暮らしぶりがうかがい知れる市場です。

市場は朝11時ごろまでは料理屋向けの顔を示すが、午後からは一転
して主婦向けにさまざまな手の加わった品物が並び始める。

あの芥川賞芸人のピース又吉と木村祐一の「京・錦市場をぶらり」の
動画をご覧になれば錦市場の雰囲気がつかめます。

東京でいえばアメ横ってい言った感じでしょうか。

錦市場セレクト商店紹介

こんなもんじゃ

健康な体をつくる豆乳スイーツが売りのこの店、豆腐製品で有名な「京とうふ藤野」
が豆乳を使用したヘルシーなスイーツを提供。ひと口で食∧べられるドーナツや、
ソフトクリ、一ムは食べ歩きにぴったり!

津之喜酒舗

江戸時代から続く酒店。創業天明8年(1788)の、京都に200年続く老舗酒店。
全国各地の有名地酒のほか、各種調味料も多数取り扱う。
手作りのうまみ油は無添加・無着色の逸品。

まるき

必食!市場で人気の親子丼

常連さんや観光客で賑わう、気軽に過ごせる店内。各種うどん・そばのほか、
たっぷり食べられる丼物など、間違いない味わいの定番メニューが豊富
なのがうれしい。

冨美家イートイン

長年愛される京風うどん

昔から変わらぬ人気を誇る、錦市場のおうどん屋さん。「冨美家 鍋」の愛称で
親しまれる京風なべ焼きうどん650円は、ボリ立一ムたっぷりで体が温まる一品。

池鶴果実

季節のオリジナルジュース

錦市場で唯一の果物専門店。新鮮な果実から、ベストな食べごろの品を選び、
その場でフレッシュなジュースに。多様な種類、組み合わせが楽しめる。

錦・高倉屋

食卓に欠かせないお漬物

店頭に並ぶ大量の樽が圧巻な京漬物店。農家から毎日届く、季節ごとに
厳選された新鮮な京野菜を、巧みな職人の技術で丁寧に漬け込む。
カブの意匠がかわいい贈答用の風呂敷もある。