豊洲市場問題 今度は談合入札疑惑か!?


スポンサーリンク

豊洲市場問題 今度は談合入札疑惑か!? | トレンドニュース

豊洲市場建設・談合入札疑惑

まだまだ盛り土問題、地下水問題、それに豊洲地域全体の地質検査
問題と、何一つ解決していないのに、組織委の森会長が築地跡地の
大規模駐車場計画を発表したりと、様々な情報が入り混じった現在の状況
で今度は豊洲市場の談合入札疑惑が大きくクローズアップされてきた。

一体豊洲市場はどうなるのか予測がつかない段階になってきましたね。

談合入札疑惑の経緯

当初、都の予定価格は3つの工事で630億円だったのが、入札不調に終り、
都が入札予定の大手ゼネコン側にヒアリングを行って、積算を事実上聞いて
いたというから驚きだ。

その結果予定価格が計407億円増額され、1035億円に決定。
そして入札したところ、予定価格の99%超で落札されたという。

通常なら90%以上は談合の疑いがあるといわれているのに、3つのJVゼネコンが
すべて99.%を上回ったというから常識では考えられませんよね。

それに通常ならとの担当者がおかしいと思うのが普通ですが自分たちがゼネコンに
予定価格を教えていたとしたら別におかしいとは思わないですよね。

下記にその内訳を示しておきます。

    

どうですか、専門家じゃない、われわれ、ど素人が見ても一目瞭然ですよね。
こんなことが日常茶飯事のように行われているんです。

いかに都政が狂っているか想像がつきます。

そのゼネコンの構成を調べると

青果棟

鹿島建設・西松建設・東急建設・TSUCHIYA・岩田地崎建設・京急建設・
新日本建設(7社JV)

水産仲卸売場棟

清水建設・大林組・戸田建設・鴻池組・東急建設・銭高組・東洋建設(7社JV)

水産卸売場棟

大成建設・竹中工務店・熊谷組・大日本土木・名工建設・株木建設・
長田組土木(7社JV)

となっています。これもおかしいですよね。
最初から建設予定の配分が決まっていたようです。
そして各ゼネコン間の談合の疑いも感じさせますね。

スポンサーリンク



入札不調ってどんな事?

入札不調の概略

よく「入札不調」とか「入札不落」っていう言葉を聞きますよね。
簡単に言えば「入札案件の落札者が決まらないこと」なんです。

官公庁などが出す入札案件に使われます。

これには2種類の原因があります。

①案件に対する入札者がいない場合。
②案件に対する入札者はいるが、入札価格がすべて「入札予定価格」
オーバーしているか、逆に「最低制限価格」を下回っている場合。

①は公官庁が入札を公募しても誰も応募がない場合で②に関しては
何件か入札はあってもすべてが入札予定価格をオーバーしていたり
「最低制限価格」を下回っていた場合です。

「最低制限価格」を下回っていれば安価でいいと思いがちですが、
公官庁の場合は品質を重視するためにこの設定が設けられています。

一方、民間企業の入札の場合は最低価格で決まる可能性が大です。

入札不調の具体例

ここで分かりやすく具体例を上げてみます。

入札価格

A社1000万円

B社は400万円

入札および最低制限価格

入札予定価格900万円

最低制限価格500万円 

A社は入札予定価格をオーバー、B社は最低制限価格を下回っている
ナーンテいう理由でA社、B社とも失格になります。

500万円~900万円の間の業者がいれば合格で、数社いればそのうちの
最低価格設定業者が最終合格となるんです。

今後の疑惑対策

うやむやにしないで今後のため(オリンピック関連施設疑惑)にもきちんと
解明する必要がありますね。

①大手ゼネコン側にヒアリングした都側人物の特定から始めれば、そこで
 予定価格を流したのがだれか、あるいはそれを知っていた人物は誰かを
 割り出すことが必要ですね。

②ちかじか小池都知事が石原元都知事と話し合いの場をとるそうですが
 盛り土の件だけではなく、この談合疑惑も把握していたのかをきちんと
 石原元都知事に問いただすことが大事だと思います。

NHKに出演した小池都知事は、豊洲市場(江東区)の建設費が大きく
膨らんだことについて「入札の在り方も調査する」と言っているので大いに
期待したいところです。

こんないい加減なことで無駄な費用が流れているなら、都に不足している
保育園などに使ったほうがどれほどいいかと思いませんか。

スポンサーリンク