小池都知事 評価がすごい!「評価する」8割越え


リオパラリンピックから戻ってきて、積極的に活動している小池都知事に
対する評価がすごい。

FNN世論調査によると86.3%の人が、「評価する」と答えたようだ。
そんな小池都知事の最新情報を追ってみます。

小池都知事「7人の侍を守るのが私の責任」

いま小池都知事の「7人の侍を守るのが私の責任」って言った言葉には
感激ですね。

石原伸晃の後釜の自民党東京都連の新会長選ばれた下村博文に
聞かせてあげたいですね。

若狭議員の自民党公認についても都と国政は立場が違うからナーンテ
ことを言って男を下げましたね。
もちろん自分の立場はあると思いますが、情けないの一言です。

誰が見たって、片手落ちの判断は一目瞭然です。
主犯格の若狭議員は注意で済ませて、下部の区議会議員には離党勧告。
まだしもその逆なら論理が成り立ちます。

東京10区の補選に若狭議員なら当確だと、利己的な理由で信義を重んじない
態度にはあきれ返りますね。

それに比べたら小池都知事の女気には感心します。
自分を応援してくれた仲間は決して裏切らない。その心情が素晴らしい。

自民党の中でも冷静に判断する人もいます。
次期総裁候補の筆頭と言われる自民党の石破茂前地方創生担当相は
この区議の離党勧告はおかしいと疑問を投げかかています。

小池政治塾の狙いとは?

小池都知事自身が立ち上げる政治塾について「希望の塾」と命名しました。
この塾を通して小池都知事についてくる都議会議員を養成するのではないかと
憶測が飛んでいますね。

まあどっちにしろ勢いの乗っている今が一番いい時期だと思います。
以前、橋下徹が立ち上げた塾には3000人が応募し2000人が入塾しました。

その結果、日本維新の党を立ち上げ、その年の衆議院議員の選挙では
50議席以上を確保したという実績があります。

自民若狭氏が出馬表明=「都と国の橋渡しに」-東京10区補選

小池都知事を応援して何かと話題を呼んだ若狭勝衆院議員が衆院東京10区
補選に出馬を表明しました。

彼も小池都知事を応援して時流に乗りましたね。そして一気に男をあげました。
その勢いをそのまま10月11日告示、23日投開票の補選に持続させたいところです。

豊洲市場・最新情報

新たに1棟でたまり水 都議会公明、民進が確認

都議会公明、民進の視察団が新たに「加工パッケージ棟」の地下空洞に水が溜まって
いるのを見つけ報告しました、深いところでは26センチもあったようです。

果たしてこのたまっていた水は当初(設計段階での判断)より想定内であったのかどうか
確認する必要がありそうです。

ここでも働いたブーメランの法則

このブログでは結構ブーメランの法則について書いてきましたが、ここでも結構この法則
に当てはまるスチュエーションが出てきましたね。

都知事選で小池都知事のことをぼろくそに言った元都知事の石原慎太郎。
その跳ね返りが今や参考人として呼ばれる立場に。
石原人気が一挙にこの豊洲問題で崩れ去ったという感じですね。

それと小池都知事が豊洲新市場への移転延期を決定した際に、

『小池百合子知事の移転無期限延期は暴挙だ。業者への補償はどうなるのか』

ナーンテいきがっていたが、いまは虫の声。

今は全く反論の余地もない状況に陥っている。

逆に小池小池都知事には、いい意味でのブーメランが飛んできている。
結局は暴言を吐けば、いずれは自分のもとに帰ってくるということでしょうか。

再編成された専門家会議の平田健正座長らが24日午前、豊洲市場の地下空間
に入って視察を開始しました。
どんな意見が飛び出すのか注目したいところですね。

そして最後にブーメランの法則を上手に使っているのが今度民進党代表になった
蓮舫ですね。

東京都庁に、小池百合子知事を表敬訪問し、

「随分水ぶくれしていると思う。メスを入れられるのなら、ぜひとも協力させてください」 

ナーンテ言葉巧みに協力体制を求め賛同を得る。

さすが蓮舫!と言いたいところですね。その言葉が必ず後日、いいブーメランとして
帰ってくるんですから。