スポンサーリンク

国際情勢セレクト3 安保理が北朝鮮の核実験を非難ほか

今日は次の3つに焦点を当ててみます。

①安保理が北朝鮮の核実験を非難

②パリでテロ計画、ISが女グループに指示 検察が摘発

③隕石がキプロスで地震を起こした

安保理が北朝鮮の核実験を非難

国連の安全保障理事会が緊急会合を集合して、共同非難声明を
発表しましたがどんな効果があるんでしょうか。

国際社会が避難すればするほどそれに比例して一層の反撃を試みている。

そして核実験については、

「制裁、圧力、脅迫によって北朝鮮に圧力をかけているアメリカと敵対勢力
への北朝鮮の人々と労働党による強い一撃だ」

ナーンテ声明して強硬姿勢を崩すばかりか、ますますエスカレートしている。
まさに、きちがいに刃物の例えが当てはまる。

今回の核実験は今までで最大の規模でその目的はアメリカの敵対政策だと
断言してこれからも増強すると声明をしました。

制裁で根を上げて白旗を上げればいいんでしょが、ここ数年の北朝鮮の
動きを見ていてまったく逆効果のように思えてなりません。

あなたはどのようにお考えでしょうか?

私は考えが甘いようですが、ある程度の甘い汁を吸わせて、話し合いに
持ち込むことが最善ではないかと思います。

このままいけば、金正恩の暴走!ナーンテいうことも考えておかなければ
いけないんじゃないでしょうか。
それにミサイルを発射されたら5-10分で日本に到達するといわれています。
迎撃ミサイルで応答ナーンテ言っていますがそんな猶予がないのが実情の
ようです。

ということは、北朝鮮がミサイルを発射したら確実に日本に着弾するということです。
他人事ではありません。

他国の戦争の援助に自衛隊を派遣ナーンテいう法案を考える前に、まず最初は
自国防衛に全力を尽くさなければいけないのではないでしょうか。

その話し合いの鍵となるのは中国ではないでしょうか。

韓国紙「前日、中国に通告か」北朝鮮核実験

韓国の中央日報が北朝鮮の金成男国際部副部長が今月の8日に
中国・北京を訪問して核実験の実施を中国側に伝えたと報じ
中国に一定の配慮をしたと述べている。

これが事実なら、中国で開催されていたG20での時点で中国の習近平主席は
当然知っていたことになる。これが後日ばれれば大きな問題になると分かって
いたんだろう。

これに対して米国のアメリカのカーター国防長官が今訪問しているノルウェーで

「中国は(北朝鮮の)核開発に重大な責任があり、これをやめさせなければならない」
「朝鮮半島の非核化を進めるため、中国はその影響力を行使することが重要だ」

と述べました。

中国なくして北朝鮮の暴走阻止はなし!と言ったところでしょうか。

パリでテロ計画、ISが女グループに指示 検察が摘発

パリ都心のノートルダム大聖堂付近でテロ計画が発覚し6人拘束されました。
ガスボンベ搭載の不審車が発見された事件で、フランス検察局は9日、テロを
計画した女性グループを摘発しました。

これによると女性らは「イスラム国」(IS)メンバーから指示を受けていたようです。
再びテロ発生の可能性があったようです。

イスラム国が反撃を受けている国に対しては徹底抗戦を望んでいるようです。
この問題は単にテロとしてかたずけられない問題です。

フランスだけでなくイスラム国に反撃をかけている国はテロではなく戦争だと
認識しなければいけませんね。

当然、未承認国だけど相手の領土を反撃すれば、その作用が自国にも及ぶ事は
まぎれもない事実だからです。戦争なんですから。

日本も直接的ではなく間接的にもイスラム国を反撃していると認識されたら
何らかの報復を受ける可能性があるんじゃないでしょうか。

イスラム国と北朝鮮の2国は常識が全く通じない国ですね。

隕石がキプロスで地震を起こした

東地中海のシリア・アナトリア半島の沿岸にあるキプロス島で巨大隕石が爆発し
轟音と弱い揺れがあったようだ。

動画では一瞬、雷のような光が発したことが確認できます。
被害がなくて何よりでしたね。

スポンサーリンク