小倉智昭の必死の弁明も見苦しいだけだ!


スポンサーリンク

小倉智昭の必死の弁明も見苦しいだけだ! | トレンドニュース

小倉智昭キャスターがフジテレビ系「とくダネ!」で言い訳をしていました。

週刊文春」の「覚せい剤俳優との資金源証拠メール」報道のメールは
本物だが内容については「私の作り話です」ナーンテね。

今回は文春の記事と小倉智昭の言葉を検討してみようと思います。

「資金源と書かれるのは納得いかない」:小倉智昭

まず常識的に考えても、ほとんど収入がない庄司哲郎が小倉智昭から
かなりの金額を受け取っていたのに、覚醒剤の購入にその金がまったく
使われていなかったナーンテ考えるのは誰もいないだろう。

その小倉智昭の提供した金が覚醒剤の購入に使われていたことは
間違いない様だ。

それに対し「納得いかない」なんて返答をするのはだいぶあせっているように
思われても仕方がない。

通常なら

「私が提供した金が覚醒剤の購入に使われていたかどうかは私の知る由も
ありません。今後の取り調べで明らかになるでしょう。もしそうであれば私の
不徳の致すところでしょう」ナーンテ答弁するところでしょう。

それを「納得いかない」って答えるなんて、番組の一般視聴者のほうが
納得がいかないんではないでしょうか。

小倉智昭の提供した金がどう使われたどうかは、本人にはわからなので
しょうがないことだと思います。
それが分かっていれば問題ですが、分かっていないんですからどうしようも
ないですよね。もっと素直にストレートに話せばよかったんではないでしょうか。

それを「納得いかない」なんて答えたもんだから、かえって世間の反動を
買ってしまいましたね。売り言葉に買い言葉という悪い循環になりました。

それと前の小倉智昭関連の記事でも書きましたが、まるでブーメランのように
自分のもとに戻ってきてしまったようです。

それは今年の6月に女優、高島礼子の元夫の高知東生容疑者が
覚醒剤取締法違反で逮捕されたニュースを小倉智昭が「とくダネ!」で
取り上げて、

「覚せい剤を買うお金だって、どっから出てるんだって思うと、悲しくなるよね」

って語り、高島礼子の収入が結果として高知東生容疑者の資金源と
なっていた可能性を暗に非難していのだ。

まさかこの発言がたった2か月で自分にも出てくるとはその時には
予想だにしなかったはずだ。




以前にもこれに似た話がありました。
先の都知事選に出馬した鳥越新太郎ですね。彼も以前、
橋本徹元大阪都知事や東国原元宮崎県知事のことを辛辣に言ったら
都知事選の最中に女性問題が持ち上がり、両者から徹底的な反論を
食らいました。まだ目新しいことですよね。

今度自分の身に帰ってきて、慌てふためるのはみっともないですよね。
他人のことは好き勝手に言っておいて、いざ自分のことになると話を
そらそうとする。

今後の庄司哲郎容疑者の取り調べで小倉智昭の金が覚醒剤購入に
使われていたとしたらどんな言い訳をするんでしょうか。

「納得いかない」ナーンテいった言葉が今度は「納得がいく」という言葉に
変換して平謝りをするしかなくなります。

週刊文春の最新号には小倉智昭が

「このメールは、はっきり言って私の作り話です」
「作り話でもいいから、庄司に考えてもらいたかった」

と釈明しているメールの内容が掲載されている。

そして庄司哲郎容疑者をよく知る関係者の話などが盛りだくさんだ。

もちろんこの内容を全部信用しないにしてもかなりの金額が小倉智昭
に流れていたことは間違いのない事実のようだ。

それとその金額の一部?あるいは全部?が覚醒剤購入に使用されていたこと
はほぼ間違いない様だ。

ある関係者は庄司哲郎容疑者にとって小倉智昭の存在はATMのようだった
ようだ。そして結果的には資金援助が彼をダメにしていったとも言っている。

仮に私なら前言の「納得いかない」を取り消して早急に記者会見を開き
前言撤回を謝罪し、きちんと正直に小倉智昭との関係の全容をぶちまけて
話したほうがよさそうですね。

遅くなれば遅くなるほど、自分の首を強く締めなければならなくなります。
それと「とくダネ!」の視聴者に対しても義務があるんでは。

敬称略

スポンサーリンク