世界が注目していたG20サミット2016が習国家主席の「豊かな成果上げた」
ナーンテいうコメントで閉会しました。

開催途中で北朝鮮のミサイル発射というアクシデントがありましたが、表面上
は穏やかに閉幕したというところでしょうか。

今回のG20は中国の威信をかけたものでしたね。果たして中国は出席した
他国に信用を得たんでしょうか。

今回は各国の対中国との会議を中心にスポットを当ててみます。

G20サミット 首脳宣言採択し閉幕

今回のG20サミットの結論をまとめてみます。

・金融、財政、構造政策を個別かつ総合的に活用する
・過剰生産能力(鉄鋼等)が世界的な課題と認識する
・「グローバル・フォーラム」を設立する(各国の防衛大臣による)

なんていうところですが、考えてみればたった2日間での20か国の会議なんで
そう具体的な突っ込んだ話はできないのが実情ですね。

いわゆる先進国家と成長の著しい新興国を含んだ国家が世界的レベルに
おける意見交換と考えの統一がG20の目的のようですね。

ここでG20の数字は20か国だと誰でも分かりますが、それではGは何の略
何でしょうか。意外と知らない方もいるんではないでしょうか。

ちなみに、G7やG8、G20の「G」は“Group”の略。
そうグループなんですね。知っていたって!ごめんなさい。

杭州市民の様子は

杭州市民も大歓迎で喜んでいると思いきや!?
G20の安全という名目でその対応措置に住民にひどく迷惑を受けていたようだ。」
この事実をニュースとして伝えられていない。

・8月以後、杭州の多数の企業は休業
・多くの店舗とレストランが閉店
・反政府派の人間は強制的に地方の飛ばされる
・杭州向けの宅急便業務の停止
・住民の9月4日午後から火を使った調理を禁止
・杭州市民は外出も停止
・内全域の多くの場所に検査所が設置

その検査所を通過するごとに持っている飲料品を一口飲まされるようだ。
ある車の運転手がトランクに酒を1箱入れていたところ、各検査所で検査員に
その酒を毎回一口飲むように言われ最後に車を数メートル走行したら
飲酒運転で警察に止められた……。

ナーンテいう笑い話もあるようだ。

これを見ても中国という国の全貌が見て取れるような感がしました。
指導者が自分の国民にいかに対峙しているかを垣間見ることができた。

ほかの国なら暴動が起きるかもしれませんよね

主要各国の会議の様子

米中会談

アメリカは最初からつまずきましたね。
大統領専用機で中国・杭州の空港に到着したオバマ大統領ですが、
取材制限でホワイトハウス職員と中国当局者が口論になりました。

「ここは我々の国だ。我々の空港だ」と叫び、オバマ大統領側近の
ライス米大統領補佐官も排除しようとしたようだ。

そこは聡明なオバマ大統領、以前もそんなことはあったと、事をあら立てずに
やり過ごしたようだ。

G20首脳会議を前に首脳会談が4時間行われました。

経済問題は別にして一番の注目の南シナ海の領有権問題に関しては
G20首脳会議依然と全く変わらず進展がなかった。

アメリカ側の主張は

・「同盟国の安全保障への米国の揺るぎない関与」を強調
・米国が域内のすべての国と取り組む方針

これに対して中国側は

・「中国は引き続き、南シナ海における主権と海洋権益を断固として守っていく」
・「直接的な当事者との対話を通じて平和的な問題解決を目指す」

アメリカは和平と安定のため「建設的な役割」をするよう促した。

「当事者との対話を通じて平和的な問題解決」ナーンテ習主席が相変わらず
調子いいことを言っていますが平和的解決っていったいどういうことなんでしょうか。

考えらることは2つしかありません。

①南シナ海からの全面的撤去
②当事国と金銭的な折り合いをつける。経済援助等。

まあ②をとるんでしょう。その当事国が②を選択したらアメリカはどのような
態度に出るんでしょうか。難しいところですね。

結論から言えば、アメリカは外来者なんだから、あれこれ口を出さないでくれ。
これは当事者間の問題で、当事者同士で話し合っていくから。ナーンテいう
宣言ですね。

アメリカが介入すると中国の野望にひびが入るので邪魔だと言っている
ようですね。

それでいてアメリカの「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国設置については
大反対をしている。

中国のわがままな姿勢はどこまで通じるのだろうか。
中国とアメリカにはG20サミット2016を成功させる責任があるナーンテ言っているのは
南シナ海問題などはあまり深く掘り下げないで穏やかにG20サミット2016を
終わらせようという表面的な意図が見え見えですね。

米露会談

にらみ合い会談?ナーンテ話題になりましたね。
約90分間会談したけれど合意事項はお互いに得られませんでしたね。

まあプーチン大統領としてもアメリカから経済的制裁を受けている中で
ニコニコ顔で握手なんかできませんよね。大統領も同じ人間なんで。

会談内容

・シリア内戦の停戦実施と政権移行への道筋
・過激派組織「イスラム国」(IS)掃討戦

アメリカはロシアのウクライナの停戦合意を完全順守しなければ制裁を続ける
意向を示しました。

日中会談

サミット終了後に、安倍晋三首相と習近平国家主席の首脳会談が行われた。
会談は友好ムードだったようだ。
ということはお互いに突っ込んだ会議ができなかったというところだろう。

安倍首相のG20会議での南シナ海問題への激しい追及がなかったことに
好感を持ったようだ。

両国の防衛当局間での「海空連絡メカニズム」の早期運用開始が合意された。
これは東シナ海での日中両国の偶発的な衝突を避けようというシステムで、
これまで中国の対応があいまいで進んでいなかった重大要件の一つだ。

中国側も決して経済状態がいいとは言えない現状なので日本との経済交流は
ぜひとも確保しておきたいところだ。

今後の日中外交はお互いどちらかが一歩引かなくては前進できないような
気がするのは私だけでしょうか。

今後の一歩一歩の土台作りが花開くことを期待したいですね。

中韓会談

韓国と中国のメディアでの報道の食い違いがありました。
THAADの韓国配備について韓国メディアはこの問題は会議には出てこなかった
と報道したが、一方の中国側メディアは習主席が遺憾だと話したと伝えている。

朴大統領は中国との戦略的なパートナー関係を強調し、中国との関係を
維持したいと表明したようだ。

一時期韓国はアメリカを差し置いて中国と手を組むのかナーンテいわれた時期も
ありましたが、今はアメリカとは離れられないでしょう。

韓国のどっちつかずの外交は誤解を招く恐れがありますね。
他国ながらちょっと心配です。

中露会談

 

いま中国が一番頼りにしているのはロシアです。
ロシアも中国同様に欧米諸国からににらまれているので似たような環境と
国家体制が相通じるものがあるようです。

南シナ海問題でも中国の立場に理解を示していて、今月、南シナ海で
合同軍事演習も行う予定だというから、穏やかではない。
オバマ大統領がプーチン大統領と笑顔で接しられないのも納得がいく。

おそらく中国にとってかけがえのないパートナーといえる。
南シナ海問題でもこれだけ中国が強硬姿勢をとっている背景にはロシアの
後押しがあるからだとは簡単に推測できる。

経済面でも習主席が目論む中国からヨーロッパまでの巨大経済圏形成の
「一帯一路構想」とロシアが主導する「ユーラシア経済連合」との相性が
いいようだ。2国で世界を牛耳ろうとする作戦なのだろう。

中英首脳会談

イギリスのメイ首相が初めて習主席と会談し、原子力発電所の建設計画に
関して相互信頼を築くことが第一だということで一致した。

今やかっての大英帝国の勢いの面影はみじんもないようですね。
中国製原発導入に待ったをかけた、イギリスのメイ首相に中国が圧力を
かけているです。

中国の劉暁明駐英大使が、中英関係の歴史的岐路ナーンテ大げさに騒いで
しかも約5兆3000億円の対英投資にも影響が出るだろうと脅しに出ている。

こういう国民なのだ。イギリスは経済事情の悪化から中国にうまく丸め込まれた
前首相の責任問題もありますね。

中国の人民も信用していない原発を、自分の国に建設させること自体本来なら
ありえないことでしょうが切羽詰まった英国の経済事情がそうさせたんでしょう。

イギリスのメイ首相は賢明な行動だと思います。
このままずるずる中国と関係を持ったら、英国の中国植民地化もあるかもね。

このサミットで大きく世界の地図ができたようですね。
中国、ロシア同盟国と欧米関連国との2大勢力の対抗ですね。

そしてそれ以外の国を2つの勢力で奪い合い。
表面的には穏やかに閉会したように見えたG2016ですが目に見えない摩擦が
これ以後も続くんでしょうか。

今やこんな狭い地球上であれこれ争っている場合ではない。
地球連邦軍を組織して、対エイリアンに備えなければナーンテいうSFファンもいます。

よく考えれば一理あるような気がするのは私だけでしょうか。

* 敬称略