民進党代表選は9月2日に15日に投開票される予定ですが
今回の代表選は早々立候補をしていた蓮舫と前原誠司の争いになりましたね。

蓮舫はスポーツ報知のインタビューに、

「2020年の東京五輪を国のトップとして迎えたい気持ちがある」

ナーンテまた大口をたたいて話題を呼んでいます。

このトレンドニュースステーションでは以前にも数回、蓮舫について
取り上げています。
それだけ現在、日本の政治記事では欠かせない存在ですね。

今回はそんな今旬な蓮舫について質疑応答形式で取り上げていきたい
と思います。

それではまず最初に、

「2020年の東京五輪を国のトップとして迎えたい気持ちがある」
は可能性があるのか?

まず結論から。99.99・・・%ありえないですね。
本来なら100%と言い切りたいところですが、過去のことなら100%と
断言できますが、未来のことは100%と断言しないようにしてます。

将来は、何が起こるかわからない!神のみぞ知るというところでしょうか。

アメリカの大統領選のような体制なら、48%ナーンテいえるかもしれませんが
今の日本の政治体制では無理のようです。

まず衆院選で民進党が自民党(自公)を破らなければ実現しないので
99.99・・・%ありえないと言い切った次第です。

そこで今回の民進党代表選に確実に勝って、民進党の内部から一新して
4年間で自民党に対抗できる勢力を作ることが大切ですね。
一番は内部の人事でしょうか。
トップがいくら張り切っても内部の人材不足ではどうにもなりません。
外部からの強力人材の導入が必須ですね。

政治アナリストの伊藤惇夫が話題になった前回の蓮舫発言(岡田氏に対する)
と取り上げて、

「小池さんは都知事選で他陣営から中傷されても、ソフトな言い方でうまく皮肉
や冗談を交え反論していた。蓮舫氏はまだ青い」

ナーンテ言っているが、本当に青いのか?

これはたった一つの発言から「まだ青い」ナーンテ断定するのは間違いだ。
この「青い」という表現には否定的な意味合いがある。

極端な言い方をすれば、まだあなたはその器ではないナーンテ解釈される。
相手を見下すようなニュアンスが受け取れますね。

今の日本の政治家たちは年が取りすぎているのが現状ですね。
あの江戸幕府を倒した明治維新の政治家はほとんど20-30代の若者だ。
それ考慮に入れれば蓮舫の48歳は若すぎるということはない。

今回の民進党代表選に買って代表になれば、自身のメディアへの露出度は
今以上に増えるのは必至。


それだけ攻撃を受けるのも多くなることを覚悟しなければいけない。
ちょっと前にSNSでさんまの写真を投稿したら、魚の盛り付け向きが逆だ
ナーンテいう、どうでもいいことでも非難を受ける。

伊藤惇夫の「まだ青い」発言をよりよく解釈するならば、
青いから、これからまだまだ可能性が大だと受け止めればいいところでしょうか。

ただ一つ気になるのは、もう過去のことですが国会内のファッション雑誌撮影です。
ファッション雑誌『VOGUE NIPPON』の特集で国会内でブランドを身に着けての
写真撮影が物議をかもしだしました。

まあこれなどは「まだ青い」ナーンテ言われてもしょうがないかもしれんせんね。
これからは国のトップを目指すなら、つまらない事は避けることが賢明かもね。




蓮舫の衆院選くら替え出馬の可能性は?

小池都知事の補選出馬については多くを語っていませんが、その可能性は
あると思います。

今は参院選で3選を決めたばかりで、目の前の代表選がある中で衆院選くら替
の話を出したら焦点がぼけてしまい、マイナスになるのは必至。
この問題は代表選が終わってからの話だ。

当然、民進党の代表になれば、東京10区補選に出馬の可能性が出てくる。
衆院議員として党を率いるほうが内外ともに優位に運ぶ可能性が大だからだ。

今は代表選に全力投球だ!

先の都知事選で出馬を断ったのは、民進党代表→政権奪回→日本のトップ
ナーンテいう願望が心の奥にあったからだろう。

これから先は蓮舫の個人情報について書いていきます。

蓮舫って中国人?家族は

1967年11月28日に
台湾人の父・謝哲信と日本人の母・斉藤桂子のハーフのとして東京都で
生まれた台湾系日本人です。

幼稚園から大学まで青山学院というからかなりの資産家の家庭だったようですね。

夫は5歳年上のフリージャーナリストの村田信之。
子供は1997年に双子の子供を産みました。

長男は琳(リン)、長女は翠蘭(スイラン)です。
なにかパンダのような名前ですね(失礼)。もうすぐ成人ですね。

前都知事の舛添要一からプロポーズされたって本当なの?

本当のようですね。ただし舛添要一もかなり飲んでいたようで
『僕と一緒に代議士の道を目指そう』ナーンテね。25年も前のことです。

「選挙カーに乗って白い手袋をして手を振る。イマイチですね」と
断ったようですが、13年後、蓮舫は参議院選挙当選。

もし舛添要一と結婚していたら、その後はどうなったんでしょうか。
ちょっと興味あるところですね。

舛添はその後、片山さつき参院議員と結婚し、離婚しました。

この記事を書いていてだいぶ前の映画「スライディング・ドア」のことを
思い出した、

主人公の女性のヘレンが遅刻して会社を首になり、。最悪な気分で
地下鉄の駅に向かうが電車に乗ろうとすると寸前でドアが閉まってしまう。
ツイてないときは、何から何までツイてないと思う、

ストーリーは、間に合った場合のヘレンと現在の間に合わなかったヘレンとの
二つが展開するという内容。主演はグウィネス・パルトロウ。

もし蓮舫が舛添要一と結婚していたら、民主党ではなく自民党で当選して
ひょっとしたら時期総理候補になっていたかもナーンテ考えると面白いですね。

*敬称略