スポンサーリンク

指原莉乃もはまっているエゴサーチの勧め!

指原莉乃がTV番組で自分のひょうかが気になり、エゴサーチをしまくっている
告白して話題を呼んでいる。

この番組で占い師に

「周りの評価を気にしすぎるネガティブ思考だがストレスをためすぎるとブチ切れる」

ナーンテほざかれていたようだ。
この占い師だって事前にネットで「指原莉乃」をサーチして情報を集めていた
に違いない。笑っちゃいますよね。

しょせん占いナーンテこんな程度。気にすることはありません。

だけど検索の達人になれますよね。
だって複合語の検索を知っています。

「指原」って検索すると悪口ばかりでてくる
「莉乃ちゃん」って検索すると自分に好意的な人がでてくる
「指原 猫」って検索すると猫をほめる言葉が出てくる

ナーンテ検索を楽しんでいるようですね。

そこで今回は指原莉乃もはまっている「エゴサーチ」に焦点を当ててみます。

エゴサーチとは

エゴサーチとはインターネットで自分や自分に関する関連語を入力して
自分の評価などを探し出すことなんです。

「エゴ」ナーンテいう単語が出てくるから何か利己的な行為かと思いますが
そういうことではなく単に「自身の」という芋合いで使われています。

本来なら「セルフサーチ」ナーンテいう言葉のほうが良かったかも知れませんね。

自己防衛のために定期的にするべきだという意見の反面、
インターネット依存症の症例の一つだという意見もあります。

そんなこと言ったら、私のように一日中インターネットを使用して仕事をしている
人間はみんな病気だということになってしまいそうですね。

この指原莉乃は頭がいいですね。
常にファン?が自分のことをどのように考えているかを冷静に判断することで
自分の行動や自分の発言などに気を使うことができます。

ただ心配症な人は、あまり熱中するとサーチの内容が気になりすぎて
ストレスが溜まって上記のインターネット依存症になってしまうかもね。

ただ我々一般人にはあまり縁のない言葉のようです。
いくら自分の名前を入れてもネット上に情報がないんですから出てきませんよね。




今回の記事のタイトルの「エゴサーチの勧め」の本題にないっていきますね。

エゴサーチの勧め

前出の指原莉乃だけでなく芸能人にはインターネット愛好者がかなりいます。
上戸彩やきゃりーぱみゅぱみゅなどは特に有名ですね。
きゃりーぱみゅぱみゅは「私とネットは一心同体」ナーンテ言ってるくらいです。

このほかにも俳優の東出昌大、小島瑠璃、高橋真麻ナーンテいうところが
エゴサーチをうまくりゆしているようです。

結論から言えば「馬鹿と鋏は使いよう」なんです。

特に芸能人はもっともっとITを利用すべきだと思います。

よく芸能人の中には他人の事件事などに、意見を言っている人がいます。
別にいいんですが、ネット上でその本人が阿保呼ばれされているのに気が付かず
同じようなことを言って得意になっているようなことも時折見受けられます。

今回は芸能人が中心になりましたが、芸能人以外で参考になる職業は
政治家ですね。

政治家にとってはITは必須の武器になると思います。
というのは政治家にとって一般庶民の考えが分かっていないと、トンチンカンな
ことを言って庶民の反感を買ってしまします。

そんな政治家が結構いますね。

常に上目線でしか考えっれないという政治家のことです。もし冷静にITを活用
できれば庶民の考え方が一層理解が深まり、自身の選挙活動や行動にも
一層役立つと思います。

つい最近の都知事選でもいましたね。
ITでしっかりサーチしていれば、男を下げなくても済んだ政治家が。

民主主義なんです。主たる民を理解するにはITより勝るものは現在のところ
ないんです。

これからの政治家に言えることは

「インターネットを制する者は政治を制する」ナーンテいえる時代なんですね。

スポンサーリンク