蓮舫が軽口会見を猛省!?岡田代表を「つまらない男」発言の真意


スポンサーリンク

蓮舫が軽口会見を猛省!?岡田代表を「つまらない男」発言の真意 | トレンドニュース

民進党の代表選への出馬を真っ先に表明していた蓮舫参院議員が
日本外国特派員協会の記者会見で、

「私は岡田克也代表を大好きです。ただ、1年半一緒にいて、本当に
つまらない男だと思いました」

ナーンテいう軽口発言をして大きな波紋を呼んでしまい、
その後、反響の大きさに気づき、

「言い方も含め本当にダメだと猛省してます。ご指摘、ありがとうございます」

と猛省して謝罪しました。

SNSでの反響

from Twitter

・蓮舫さんは岡田代表のことを「つまらない男」と言う。それはその通りであろう。
 しかし、自分の所属する公党の代表をこうにも無遠慮に揶揄うなら、
 蓮坊さんご自身も結構、「嫌な女」なのである。

・蓮舫は非常識の極み。岡田代表に対する物言いは何たることか!
 長幼の序も解さない姓なし蓮舫では民進党代表として恥ずかし過ぎる。

・ユニークさを醸すつもりのセンスの無さ。…蓮舫は昔からセンスない。
 自民猪口さんを罵倒した質疑は忘れまい。人に非ず。

・蓮舫はいつも、頭隠して尻隠さずのことを言うアホ丸出しの女。

・まーた始まったwこんなヤツをトップ当選させる東京の愚民ども、ちとは反省しろ

・都知事選以来数々の醜態をさらし続けている鳥越氏に批判されては、
 蓮舫議員も納得いかないことでしょう。

ナーンテいう厳しいツイートが現在24日午後8:00になっても止まらない。
口は禍の元という格言がピッタシ当てはまってしましましたね。

昔はSNSがなく、情報の伝わりが鈍かったんですが最近のSNSの発達により
情報の伝達がより速くなりました。

最初は一人二人からの情報発信でも、それがあっという間に何万人、何十万人
何百万人・・・と膨らんでしまいます。




岡田代表を「つまらない男」発言

ネット上にはいろいろと意見が乱れていますが冷静に判断すると、
自分を支持してくれる先輩に対して、いくら何でも蓮舫がバカ呼ばわりをすることは
絶対にないということは明らかです。

要するに、日本語の使い方が知らなさすぎるということに尽きます。

自分では受けると思って発言したユーモア?が聞き手に全く伝わるどころか
自分の意志とは逆の意味にとられてしまったということですね。

もっと日本語を勉強しなければだめですね。

岡田代表の超真面目な性格を、つまらない男と表現したところが間違いでした。

当然聞き手は「つまらない男」=「役に立たない男」ナーンテいう受け取り方を
してしまいます。相手を侮辱している言葉だと受け取ってしまいます。

それによって「蓮舫」=「高慢ちきな女」「礼儀を知らない女」「生意気な女」ナーンテ
いうイメージで受け取られます。

それが上記のTwitterのツイートに表れているんです。
蓮舫も将来的にトップを目指すならこの辺をきちんと理解しなければだめです。

それともっと気になる発言がありました。

「人間はユニークが大事です。私にはそれがあると思います」

自分の売り込みですね。よく言えばセルフブランディングかもね。

でもこれも鉄則を外しています。例えばこの商品は素晴らしいですよ、ぜひとも
お勧めです、よかったらお買い上げくださいナーンテいう商品の売り込みと何ら
変わりません。売り込めば売り込むほだ相手が引いてしまいます。

この辺も分かっていませんね。私ならこう言います。

「今まで身を挺して頑張ってこられた岡田代表、大変ご苦労様でした。私はまだまだ
岡田代表の代わりには未熟かも知れませんが、岡田代表にはない新しい
政策、方針があります・・・・」ナーンテね。いかかですか。

こうしてまず最初に相手を立てることが、結果的に自分を立てることになるんです。
この辺のニュアンスを理解してほしいものです。

口は禍の元にもなるし、前進、発展の元にもなります。
使う人間次第なんです。

民進党の代表選の前にちょっと勇み足の感がしますが、この辺はクールな頭で
反省し、前進してもらいたいです。

今の民進党の改革には蓮舫、あなたを外せないからです。

*敬称略

スポンサーリンク