X-MEN アポカリプスのストーリー&見どころ 動画詳細


スポンサーリンク

X-MEN アポカリプスのストーリー&見どころ 動画詳細 | トレンドニュース

リオ五輪も終わり、甲子園も作新学園の優勝で幕を閉じ、何か気が抜けた
感じたしたのは私だけでしょうか。

夏休みもあと10日足らずとなり忙しない時となりましたね。
もし時間があるなら頭の切り替えに映画などいかがでしょうか。

お勧めなのが「X-MEN アポカリプス」です。
あまり考えることなく、迫力あある映像の展開が楽しめます。

よりよく理解しようと思えば以前の2作も見ておけば完全です。
前後関係の繋がりがよりよく理解できると思います。

先日、このX-MEN アポカリプスを横浜の映画館で観終わって帰りに
TUTAYAに立ち寄って以前の2作をもう一度見ようと思って借りようと
しましたが5-6本あるDVDがすべて借りられていました。

このように人気がある映画が上映中には関連も人気が出てくるんですね。

それと上映中の映画は2-3か月もするとDVDになります。
私は必ずDVDを借りてきたら、日本語の吹き替えで見ます。

そうすると、英語と字幕では理解できなかった部分が明らかに理解できる
ようになったりします。

そんなわけで今回は「X-MEN アポカリプス」にスポットを当ててみまます。

X-MEN アポカリプス・ストーリー(あらすじ)

人類最初のミュータントと言われるエジプトのアポカリプスが
現代で蘇るところからスタートしていく。

人類が誤った神を信奉し、間違いの政治を行っている世界現状を
嘆き見て反感を抱いて、それなら新しい世界を作るために腐りきって
いる人類を滅亡させてしまおうと考える。

アポカリプスは、自分の能力を武器に現代の力と才能のある
ミュータント達を集めてアポカリプス・ホースメンを結成する。
そのうちの一人がマグニートーです。

その動きを察知して任類の危機感を感じたプロフェッサーXたちが、
アポカリプスの野望を阻止するために若き才能あるミュータント達
と共にエジプトに野望阻止を挑みに行く、というのがおおよその
ストーリーです。




X-MEN アポカリプス・メインキャスト紹介

エン・サバー・ヌール / アポカリプス


人類初のミュータントとされる人物で現代に蘇る。
は普通の人間とは明らかに違う外見をしており、目の色が白のみである。
昔日本の映画にあった「大魔神」のイメージだ。
他のミュータントに転移してパワーを増強する力を持つ、神に近い存在。

・チャールズ・エグゼビア / プロフェッサーX


今作の主人公で、本名はチャールズ・エグゼビア。
若き日のプロフェッサーXを演じるは、ジェームズ・マカヴォイです。

「なぜ車椅子を使用することになってしまったのか?」
ナーンテいう疑問は第1作にその事の顛末が描かれます。

人の心の中を読み、他人の記憶を操作することのできるミュータントで
地上最強のテレパスと言われています。

10代でその能力を自覚するが、力を上手にコントロールができず、
オックスフォード大学に入学した頃には能力をコントロールできるようになり
「精神医学の魔術師」とあだ名されていたようだ。

その後、親からの莫大な遺産でニューヨーク州セイラムセンター郊外に
ミュータントのための学校、「恵まれし子らの学園」を設立した。

エリック・レーンシャー / マグニートー


磁力を操ることができ金属を自由自在に扱えるミュータント。本作では黙示録の
四騎士の一員となって、前半ではアポカリプスに加担して再びX-MENと
対立する事になる。

前作の’73年のパリ調停での反乱から世間から危険視され、指名手配中の身だ。

レイヴン・ダークホルム / ミスティーク


変身能力を持ち、自由自在に誰にでも変身できるミュータント。
前作でニクソンアメリカ大統領を含む多数の人間を救済したことから、世間からは
英雄視されている。
チャールズ達と離れた後、チャールズともエリックとも違う独自の道を選択し、
世界各地を単独で巡り続けて、見せ物にされたり弾圧されたりしている
ミュータント達を救済している。ミュータントの裏世界では “傭兵 ミスティーク”
として知名度が高い。

動画でその他のキャラクター紹介トレイラー

X-MEN アポカリプス関連動画

今回はハリウッドの映画作りの一端を動画で探ってみましょう!
まだまだ日本の映画が追い付かないハリウッドテクニックが見ものだ。

特別映像“メイキング・オブ・クイックシルバー/救出シーン”映画

クイックシルバーの高速移動!『X-MEN:アポカリプス』

スポンサーリンク