田中将大



ヤンキース田中将大投手がフィリーズとのオープン戦に
登場し2安打無失点に抑えて、3つの三振を奪った。

「ホっとしました。いい緊張感の中でしっかり投球ができました」
と試合後、田中がコメントしました。

黒田博樹投手の後の出番で5回からマウンドに立った。

トップの画像はNEW YORK POSTのスポーツ欄の写真だ。
ボールの離れる瞬間をとらえた迫力ある写真ですね。

今度はCBSニュースから田中将大投手の動きのある
写真を紹介します。

田中将大2

フィリーズの右バッターに対しての投球です。
この画像見ると最初から明らかにボール球なのに何で振るのナーンテ
思うけど、実際のバッターボックス立っている本人にはもちろん
ストライクゾーンに入ってくると感じるんでしょうね。

それだけスピードがあって変化が大きいんですね。

田中将大3

今度は右バッターです。
インコースのうちやすいストライクゾーンから一気にアウトコース
低目へと落下するボールです。これもあまりにも大きな変化に
相手バッターがついてこられませんね。

しかし何といっても大リーグです。田中将大投手のことを研究し
立ち向かってくると思います。

そこは避けては通れない道、堂々と追い飛ばして前進して欲しい。

ダルビッシュもオープン戦で投げ調子を上げてきているみたいです。
それに昨年のワールドシリーズの胴上げ投手、レッドソックスの
上原も好調のようです。

この日先制の打点を上げたイチローが

「今日は僕のことなんかいいんじゃないの。(田中は)緊張感が伝わってきて
気持ちよかった。黒田もそうだし、やっぱりああいう緊張感が伝わってくるのはいい」

とコメントを残した。

いまイチローも必死だ。オープン戦が始まっても途中移籍も
考えられる。まだまだ予断が許されない。

ますはオープン戦で成績を残し定位置確保に全力投球だ。
今年は田中、黒田、イチローと三者そろい踏みでワールドシリーズ

に出られるよう期待したい。

最後に田中将大のヤンキース関連の動画を
まとめておきました。



YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available