都知事選 小池百合子一人に勝てない自民、民進のだらしなさ


スポンサーリンク

都知事選 小池百合子一人に勝てない自民、民進のだらしなさ | トレンドニュース

都知事選は無所属の小池百合子さんの圧勝で終わりましたね。
まあアメリカも初の女性大統領の出現が間近になっているようなので
小池百合子さんの都知事も話題性があり他の候補より新鮮味がありました。

今回の都知事選の前に、私もYouTubeで小池百合子さんの一人勝ちを
述べてきました。

その後、自民推薦の増田寛也元総務相と野党4党統一候補の
鳥越俊太郎氏が出てきましたが、小池百合子氏の一人勝ちは
誰が見ても明らかでした。

結果的には小池百合子氏一人の人気に自民、野党4党がまとまって
戦っても勝てなかったとことです。

今回はこの辺を鋭く切り込んでいきたいと思います。

小池百合子氏出馬表明時での判断

上記のYouTube動画がまさにその時の状況を語ったものです。
私はその時点で、今回の都知事選の一番面白い展開は、
自民から小池百合子、野党推薦が民主党の蓮舫、そして無所属で
東国原といったメンバーでの争いがベストだと思っていました。

しかし、蓮舫氏は参院選に固執、東国原氏は予約している舞台に
集中するナーンテいう情報が入ってきたので小池百合子氏の一人勝ちだと
断言しました。

この時点では、まだ自民推薦の増田氏、野党4党推薦の鳥越氏が
出馬宣言をする前でした。

自民党の判断

自民党は小池氏の独断の判断での都知事出馬宣言に怒って、小池氏に
党の推薦を与えずに、別途、増田寛也元総務相を推薦しました。

まったくもって暴挙ですね。
まだしも小池氏以上の人気者を推薦するならともかく、いくら大臣の経験が
あるといっても我々一般人には全くの無名者に近い存在です。

そんな人物を出して本当に勝てると思っていたんでしょうか。
もし思っていたんなら指導者としては完全に失格ですね。


その張本人が石原伸晃経済再生担当相です。
彼は私の大学の運動部の後輩なんでちょっと厳しく意見します。

「選挙は完敗だった。力不足で申し訳ない」ナーンテほざいていたようですが、
まさにその通りです。
彼の脳力(能力ではない)がだいぶ足らないようですね。

選挙の本質を知らない!これに尽きます。

選挙はあなた方政治家がするもんじゃないんですよ、一般の市民がするもの
ですよ。どんな選挙でも、いちいち党のマニュフェストを熟読して、あるいは
立候補の主義主張を完全に理解して投票するんじゃないんです。

極端に言えばなんとなく、素敵だから、さわやかだから、新鮮さがあるからという
五感で判断するんです。ここがわかっていない。

もっと言えばAKB48の総選挙と何ら変わらないということです。

人気投票なんです!

石原君、この辺でいい加減わかろうよ。
これが理解できれば、あなたはもっと素敵な政治家になれると思うよ。

それにもう一つ、今回のような小池氏を応援したら、自民党を除名するナーンテ
民主主義に反するような行為はだめだよ。

あなた自身の評価を下げるだけだよ。
時間の労力を費やして、わざわざ自身の評価を落とすなんてばかばかしいと
思いませんか。

もちろん、あなたにはあなたのプライドがあると思う。
だけどそのプライドがマイナスなら、そんなもの捨ててしまいましょうよ。

それができるかどうかが今後のあなたの政治家として大事なところでは。

もちろん結果論ですが、自民が小池氏を推していれば、参院選に続いての
大勝で政局をもっと大きくリードできたでき、小池氏、自民にとってWIN-WIN
だったでしょう。

安倍首相は都合ということで、増田氏の応援にはいきませんでしたね。
おそらく増田氏の落選は読んでいたんではないでしょうか。
もし増田氏のリードが事前にわかっていれば、間違いなくいったはずです。

民進党(野党共闘)の判断


民進党の岡田克也代表が代表選に出馬すないことを発表しましたね。
参院選での敗北が原因のようですが。

この民進党も戦う前から敗北が決まっていましたね。
小池氏に対抗できるのは先の参院選でトップ当選した蓮舫氏しかいなかった
からですあ。誰の目が見ても当然でしたね。

蓮舫氏自身はおそらく個人的理由で参院選を選んだんでしょうが、
民進党自体としてはなにがなんでも蓮舫氏を推すべきだった。

そうして蓮舫氏が都知事になれば民進党事態のイメージアップにつながった。
そのように地道に足固めすることが大事だということを忘れている。
目先だけの利益を考えれば将来はない。

党も、もちろん政策も大事だが、それ以上に有権者に与えるイメージが
大事だということの認識が足りないようだ。

それで、都知事選の敗北は差し置いて、民進党の代表は現在、蓮舫氏
以外ではだめだ。それは彼女以外民主党のイメージをアップする人材が
いないということだ。

それと最後に小池氏を最後まで支えた若狭勝・衆院議員は素晴らしい。
自民党離脱覚悟の支援。まさに秀吉の参謀、竹中半兵衛のようだ。

今後どう展開していくのか楽しみだ。

スポンサーリンク