スポンサーリンク

ローマ法王がポーランドミサの最中に転倒!無事で何より

フランシスコ(Francis)法王はポーランド南部のクラクフ(Krakow)で
市内を走っているトラムでカトリック教会の祭典
「世界青年の日(World Youth Day)」の会場へ向かい群衆から歓迎され
手を振ってこたえていた。

エコ重視の姿勢はここにも表れていますね。

そして28日、有名なヤスナ・グラ修道院でのミサで歩行中に突然足元から
崩れ落ちて転倒してしまった。

一瞬の出来事なのでひょっとしたら病気?と心配いたんですが何かにつまづいた
用でした。何事もなく無事で幸いでした。

.何かと話題性が豊富な ローマ法王フランシスコに焦点を当ててみる。

ローマ法王フランシスコ・プロフィール

教皇就任   2013年3月13日
先代       ベネディクト16世
司祭叙階   1969年12月13日
司教叙階   1992年6月27日(ブエノスアイレス大司教)
           その他 2001年:枢機卿

本名       ホルヘ・マリオ・ベルゴリオ Jorge Mario Bergoglio
出生       1936年12月17日(79歳)
原国籍          アルゼンチン、ブエノスアイレス

宗派       カトリック(イエズス会)
居住地   バチカン
母校       ブエノスアイレス大学

決して恵まれた環境で育ったわけではないが、不屈の精神でここまで
登りつめた今までンはいないタイプの法王ですね。

卒業のブエノスアイレス大学では、神学ではなく化学を学び修士号を
得ました。神学校で勉強を始めたのがイエズス会に入会してからです。

宣教活動視察のため、1987年に日本を訪ねています。

なんといってもすごいのが、住んでいる場所が、バチカンの寄宿舎というから
驚きですね。どこかの都知事とはえらい違いですね。




ローマ法王ポーランド訪問動画集

まず最初は飛行場に到着の様子です。

ポーランドの首相ベアタ・シドゥウォ氏との会見です。

ボローニアでの歓迎式典の様子です。

ローマ法王インスタグラムを始める

TwitterをはじめとするSNSの使い手として名高いローマ法王が今年の3月から
インスタグラムを初めて世界に発信しました。

一日でフォロアーが120万人というからまさに神がかりですね。
そして最初の投稿がこの写真です。

Pray for me Rezad por mí Pregate per me  Priez pour moi Módlcie 
się za mnie Rezem por mim Betet für mich Orate pro me
9ヶ国語に訳され「私の為に祈って下さい」という言葉のようです。

ローマ法王は3月にインスタグラムを始める前の2月末に
インスタグラムのCEOケビン・シストロムと直接面会しました。

何事もいいと思ったら取り入れていく前向きなローマ法王が素敵ですね。
このCEOのケビン・シストロム氏は1983年12月生まれの33歳。
法王から見れば息子のようですね。

この若さでローマ法王との面会が出来る人間・・・ってやっぱしすごいですね。」

スポンサーリンク