ヤヌコビッチ氏記者会見! 依然混乱のウクライナ情勢


トレンドニュース



行方をくらましていたウクライナのヤヌコビッチ氏が記者会見をし
「私は今でも正統なウクライナ大統領だ。ウクライナの将来のため闘い続ける」
ナーンテとぼけた発言をして話題になっている。

これを聞いた市民は
「彼は嘘ばかり言っている。それを聞いて、ロシアの記者が笑っているの
を見ると恥ずかしい」とコメントした。

もうウクライナ新政府が発足しているのに未練がましく
まだ政権に未練を残している。ここまで落ちぶれたくないですね。
潔く敗北を認めどこかに亡命するしかないでしょう。

トレンドニュース

ウクライナ新政府が発足してもロシア系国民が多い南部では分離を求める声が
多く、国民投票を求め依然として混乱に拍車がかかっています。
そしてロシア軍?の空港包囲もまだ続いているようです。

アメリカのケリー国務長官は電話でロシアの軍事的行動をけん制しました。

ロシアのプーチン大統領は
キャメロン英首相、メルケル独首相、ファンロンパイ欧州連合(EU)大統領と

電話会談をし

「武力のさらなるエスカレートを看過せず、事態を正常化することが必要」
と発表した。

ウクライナの緊急情勢を考えて国連安全保障理事会が2月28日に
緊急会合を開いた。

これに参加したウクライナのセルゲイエフ国連大使は
「われわれの領土の一体性に挑戦する危険な事態の進展」と各国に
支援を求め、一方アメリカのパワー国連大使は
「(ウクライナ南部)クリミア(自治共和国)へのロシア軍展開の情報に当惑している」
さらに伝えられている情報が本当なら
「ロシアに軍撤収を求める」「ウクライナ国民が脅しや恐怖にさらされることなく進路を決められるようにすべきだ」
と発言した。

これを受けてロシアのチュルキン国連大使は
「ロシア軍の動きはウクライナとの合意に基づく範囲内だ」との見解を示した。

ここでちょっとおかしいと思うのは、昨日2つの空港を包囲した武装した集団が
ロシア軍ではないとロシア政府筋が発表したばかりなのに、

「ロシア軍の動きはウクライナとの合意に基づく範囲内だ」という見解もおかしい。

2つの空港を包囲したのがロシア軍でないとしたら、この「ロシア軍の動き」
とはいったい何を指しているんだろうか。

いずれにせよ、情報も入り乱れていて確固たる情報がどれなのか
確実に把握できないのが現状のようである。



トレンドニュース