京都の想像上の花街・下八軒の模様を描いた映画「舞妓はレディ」で一躍
スターダムにのし上がった18歳の上白石萌音が、いま旬だ!

8月には新海誠監督のアニメ映画「君の名は。」でヒロイン宮水三葉の
声を演じる。

そして秋には歌手デビューをポニーキャニオンからすることが決まり、期待大だ。
そんないま超旬のタレント上白石萌音にスポットを当ててみよう。

上白石萌音プロフィール

生年月日 1998年1月27日(18歳)
出生地 鹿児島県鹿児島市
身長     152 cm[1]
職業     女優・歌手
ジャンル 映画・舞台・テレビドラマ
活動期間 2011年 –
著名な家族 上白石萌歌(妹)
事務所 東宝芸能

主な作品テレビドラマ

『江〜姫たちの戦国〜』最終話

映画

『舞妓はレディ』
『ちはやふる』「上の句」/「下の句」

舞台

『ミュージカル 赤毛のアン』  

若くしてデビューするには有名プロダクションのオーディションの合格するのが
一番ですね。そうはいっても超難関で、中には何万人に一人ナーンテ言う
超ビッグオーディションもあります。

彼女も第7回東宝「シンデレラ」オーディションで 審査員特別賞をゲットして
芸能界入り。

『舞妓はレディ』でヒロイン役で第38回日本アカデミー賞 新人俳優賞をゲット。
これで一躍スターの座へ導かれた。




上白石萌音歌手デビュー

2015年のミュージカル「赤毛のアン」の主人公アン・シャーリー役を演じ、
その歌唱力の素晴らしさを評価され昨年の後半からライブも行っている。

10月5日にミニアルバム「chouchou」がリリースされる。
内容は名作映画の主題歌・挿入歌を収集したカバー集だ。将来的には
自身のオリジナル曲で勝負してほしいと思います。

上白石萌音を姓名判断で占う

彼女の名前には秘められた才能があるようだ。
特に芸術方面になセンスや感性が見いだされるようだ。当たってますね!

その才能をうまくこなすことで素晴らしい人生が約束されているようだ。
いいですね!

そして自分を売り込むセルフブランディングは積極的に前面に押し出すことに
より可能性からより現実的な実現へ変貌するようです。

それと最後に何か計画するときにはきちんとプランを練って、その結果どうなるかと
言うことをきちんと皆に知らせ、自身が最後まで責任をもって行動すれば
必ず大輪の花が開きます。

他の人にないような運に恵まれているので、あとは自身の可能性を信じて
トライ&エラーを繰り返し、歌手、女優として羽ばたいてほしい。