スポンサーリンク

アリババのジャック・マーの経歴とソフトバンクの孫社長との関係は?


本田圭佑が所属しているサッカーのACミランが446億円でクラブを売却する
というニュースが流れ内外とも話題を呼んでいる。

その売却先は前々から噂のあったアリババグループのようだ。
その筆頭株主にアリババの創始者のジャック・マーがおさまるようだ。

いったいそのジャック・マーとはあどんな人物なのかスポットを当ててみよう!

ジャック・マー INFORMATION

ジャック・マー プロフィール

生誕      1964年9月10日(51歳)
          中国浙江省杭州市
出身校  杭州師範大学
         長江商学院
職業      阿里巴巴集団会長
純資産  205億ドル(2.1兆円)
配偶者  張瑛(Zhang Ying)

まず彼の顔を見て内を想像しましたか。私は一目見て宇宙人?ナーンテ
想像してしまいました。

それでプロフィール写真のバックを宇宙の写真にしてみました。特に彼の前頭葉の
発達ぶりは見事ですね。頭の回転が素早いようです?

本名は馬雲(マーユン)というんですね。
文通していた外国人の彼女が彼のことをそう呼んでいたようです。
それでよっぽど気に入ってその名前を使っているんでしょうか。

もちろん中国ではNO1の大金持ち。世界中でも18番目の資産家だというから
驚きですね。

約20年前の1995年に米国で知ったインターネットにヒントを得て、中国初の
ビジネス情報発信サイトである「中国イエローページ」を開設したのがスタートだ。

ここから20年余りでここまで築き上げたのだからアリババの魔法のランプを使った
んじゃないかな?

やはり現代でここまで這い上がるにはインターネット以外にはないと言っても
過言ではないでしょう。

そんな大成功者だから、さぞかし勉強ができたんではと思いがちですが、
2度も大学入学試験に失敗し、その数学の試験の成績は1度目は1点、2度目は
31点だったというから驚きだ。

それで大学入学をあきらめて三輪自動車の運転手となったようですね。
しかしそれでも大学入学をあきらめきれず、

頑張って杭州師範学院(現杭州師範大学)英語科に入学し、卒業しました。
大学入試で1回2回の失敗は何でもないという教訓ですね。

そんな彼が後年、ウォートン・スクール、マサチューセッツ工科大学、ハーバード大学等
にて講演活動を行ったというからまさに、人生は分からないものですね。

その彼のモットーが

「永遠不放棄」(中国語で「絶対に諦めない」の意味)

だそうです。実に」参考になりました。
いま思ったように上手くいってないのは、うまくいく為の過程だと考えればいいんですね。

ソフトバンク孫社長との出会い

誰しも成功した陰には人との出会いがあるようだ。このジャック・マーも例外ではない。
その相手がソフトバンクの孫社長だ。

なんとなく二人の容姿が似ているとは思いませんか。特におでこのあたりが(失礼)。
類は友を呼ぶの諺もあるように。

14年前に孫社長が中国に行って20社くらいと面談した時にあったのがアリババ
だったんです。

その時孫社長はジャック・マーと5分足らずの会話で出資を即断したようです。
ジャック・マーはその時、それじゃ1、2億と言ったんですが孫社長は20億受け
取ってくれと。

中国でも有数の会社ならともかく、売上がまだほぼゼロ、しかも赤字の会社。
なおかつ、ビジネスプランも作ったことがないという会社に20億ですよ。
通常なら「きちがい沙汰」と酷評されるのがおちですよね。

この辺が差し出す方も受けてとる方も尋常ではないようですね、

先年アリババがナスダックで上場したときに、この20億円が約8兆円と言われる
資産に化けました。まさにWIN-WINの関係ができました。

孫社長の先見の目が優れていたんでしょう。

そして先日ソフトバンクがアリババ株4%売却したのが話題になりましたね。
これにより、出資比率は32.2%から約28%に低下するようですが、その辺の
詳細は今回は省きます。

スポンサーリンク