万能細胞作製に成功




iPS細胞に続く画期的な発見が発表されました。
それが万能細胞だ。その研究ユニットリーダーが
何と30歳の小保方(おぼかた)晴子さん。
その万能細胞の名は「STAP細胞」。
この画期的な発見も最初は否定された。
「過去何百年の生物細胞学の歴史を愚弄していると酷評され、掲載を却下された」
という。英科学誌ネイチャーに投稿した際だ。
また彼女の学歴もすごい。早稲田大大学院を平成20年に修了後、
米ハーバード大医学部に留学というから驚きだ。
ノーベル医学賞も見えているんではないでしょうか。

トレンドニュース