舛添都知事 辞任への道のり?! 夜逃げ?騒動


スポンサーリンク

舛添都知事 辞任への道のり?! 夜逃げ?騒動 | トレンドニュース



毎日、集中砲火を浴びている舛添都知事が世田谷区の自宅周辺で
「夜逃げ?騒動」が起きていたようだ。

自宅兼事務所の3階建ての建物からここ数日間に家財道具が一斉に
運び出されていた。
そんなことで近所では夜逃げ?ナーンテいう噂が広まっていたようだ。
邸宅の1、2階は同氏の政治団体「泰山会」がしよう、そして2、3階が
住まいとして使用されていた。
○○建設と書かれたトラックのスタッフに東スポの記者が質問したら
「第3者には言えない」ナーンテいう聞きなれた言葉が返ってきたと言う。
ボックスの警察官もこの日を境に消えていた。

夜逃げ?だと思われても当然。近所の男性に聞いてみると、
「失踪どころ課、家のリフォームだよ」って返事が返ってきたとか。
なんでこの時期を選んでのりフォームk疑問gあ残るところである。

連日のように舛添知事の関連ニュースがどこのメディアでも取り上げ
られ、まさに四面楚歌の状態に陥っている舛添知事がどこまで粘れる
かが注目の的になっている。

今日も新たに休日に公用車でN響を聞きに行ったナーンテいう情報が
飛び込んできた。まだまだ、あとからあとからと公私混同のニュースが
出てくる。

こうなっては、いつ辞任するかが国民の注目の的である。
今日は各方面の常識ある?人たちの意見をまとめてみよう!

舛添要一プロフィール

生年月日 1948年11月29日(67歳)
出生地 日本の旗 日本 福岡県八幡市(現:北九州市)
出身校 東京大学法学部第3類卒業
前職     国際大学グローバルコミュニケーションセンター研究員・教授
現職     東京都知事
称号     法学士(東京大学・1971年)
配偶者 片山さつき(1986年 – 1989年)

学歴も今までの功績も申し分がない。
第8-10代 厚生労働大臣を務めた実績も見事である。
第1次安倍改造内閣、福田康夫内閣、福田康夫改造内閣、
麻生内閣と大臣を務めた実績ある人物が「なぜ?」こんな状態に
なったのか不思議だ。
誰もが清廉潔白な人物だと思っていたに違いない。
そんな人物の裏側がこんなにも公私混同が明らかになるとは
誰もが想像できなかったに違いない。

それだけに、その反動も大きいのは間違いない。

舛添知事、都議会で謝罪…「経費厳しく見直す」

「批判を重く受け止め、地道に都民、都議会の理解を得ていきたい」
ナーンテ答弁したようだが、分かっていない。
ここまで来たら今更、都民、都議会の理解なんか得られるわけがない。
それと自分の給料を減らすナーンテ、トンチンカンなことを言っている。

言うこと、やることがすべて裏目に出ている。
政治家でなくても誰もがわかることを平然と述べていることには
あきれ返る。

こんな先を読めない政治家が、2020年にオリンピックを迎える
都民の代表だなんて、誰も許さないだろう。
冒頭の都議会での受け答えの映像を見ても、どことなく落ち着かなく
目もそぞろのようだ。

マスコミを含めあらゆるメディアで舛添知事を擁護している人は
ほとんど見かけない。
国民すべてを敵に回しているようなものだ。

もう勝ち目のない勝負なので、潔く負けを認めて早急に辞任するのが
先決のようだ。

舛添知事「公私混同」疑惑 代表質問に200人以上傍聴

この「公私混同」疑惑の都議会の傍聴席に200人も集まったから
いかに世間から注目されているかがうかがえる。

また以前に都知事選に出たロックンローラーの内田裕也にもあれこれ
言われている。

菅官房長官「舛添知事は都民の理解頂く説明を」

2014年の知事選で、都連推薦で舛添氏を支援した経緯がある
自民党の菅官房長官は記者会見で
「舛添知事は都民の理解頂く説明を・・・」なんて発言をしているが
理解なんかもらえないのを承知でこのような発言をしているのも
中途半端だと思う。

なんできっぱりと、早期に辞任すべきだと言えないのか疑問がのこる。
我が後輩の石原経済再生相も「都民の方々が『何だそうなんですか、
わかりました』とはなっていないと思う」ナーンテいうあいまいな発言だ。

彼もあれこれしつこく発言したら、そのとばっちりが自分のほうに返って
来るかもしれないって思っているのかも?

東京都の各市長yあ区長もも、こぞって批判はしている者の、誰しも
「やめろ!」って強く主張している発言は皆無だ。

橋下氏、舛添氏の「第三者」はダメ 佐々木弁護士の前歴「やっぱりな」

橋下徹前大阪市長もツイッターでダメ出しをした。
彼は「第三者」として調査を依頼したこと自体が致命的だったと
述べた。これはこれは俊敏な橋下徹氏だけでなく、誰しも「第三者」
発言があった時点で気が付いていたことだと思う。

時間を延ばしただけで「第三者」が大イにマイナス要因になることは
専門家でなくてもわかる。このようなことさえも気づかない舛添氏
だとしたら、到底、東京都民を引っ張っていくことはできないと思う。

まとめ

このような誰しも味方がいない、状況下では都知事を継続していくことは
極めて困難のようだ。

だけど、これ以上長引かせては、もっともっと精神的にもダメージが大きく
なるのは明らかな状態だ。

ちょうど今が辞め頃なのでは!?

スポンサーリンク