スポンサーリンク

井川遥 再び脚光を浴びる3つの理由とは?トレンドニュース



井川遥がドラマにそしてCMにと男女問わず人気を集めている。

その理由は3つあるようだ。その1つ目は

■癒し系タレントの中心的存在だった
 
井川遥の来歴を少し見てみよう。

1976年東京都墨田区に生まれの練馬区育ち37歳、B型。
東横学園女子短期大学を卒業後OLになる。
1999年(平成11年)、『東洋紡水着サマーキャンペーンガール』芸能界デビュー。
2000年  『アサヒビールイメージガール』

飯島直子が元祖とする「癒し系アイドル」ブームの跡継ぎ的存在として人気が出る。
2006年、松本与と結婚。
2009年6月女児を出産。
2012年7月男児を出産。
2013年NHK連続ドラマ「ガラスの家」で主演
現在も芸能活動を継続中。

ナーンテ言う来歴ですが、やはり人気の一番の理由は「癒し系タレント」
何でしょうか?

その2つ目は

■結婚後に再ブレーク 背景にはプライベートの充実

芸能評論家の三杉武氏の分析

「井川さんの場合、やはり結婚が大きかったのではないでしょうか。
内面からにじみ出る幸福感が原動力になっているような気がします」

 
と言っています。結婚が彼女にとってプラスになったようですね。
逆に結婚がマイナスになってしまうタレントもいますよね。

それと結婚しても美貌が保たれて以内とだめですね。

井川遥は「よく食べて、楽しい毎日を送ること。家族との夕食の時間は幸せです」
ナーンテ語って痛そうです。

肉体的にも精神的にも自分でコントロールできる人なんでしょうね。

そして最後の3つ目は

■癒し系タレント時代以上の自然体が高評価

・セレブな私生活がいやみにならない。
・私生活の切り売り、セレブ感のアッピールがない。
 
ここは大事ですよね。結構セレブ感をアッピールしている芸能人が
 多いですよね。自分じゃブランディングしているつもりでも
 一般の視聴者から見れば嫌味に感じることが多いですね。 
 それを気づかないタレントが如何に多いことか。嘆かわしいですね。

・ガツガツさがなく、ナチュラルさが際立っている。

いかがでしょうか。井川遥の魅力の秘密は。



トレンドニュース

スポンサーリンク