ついに花粉の季節がやってきましたね。早いところではもう
花粉がが飛び散っているようです。

大阪では今日「PM2・5」の大気1立方メートル当たりの濃度が
基準より上回ったようです。

トレンドニュース

花粉症を抱える方にはもう待ったなしですね。
という私も花粉症ぎみなんで、遅まきながら対策を考慮中です。

人間切羽詰らないと動かない。悪い癖ですね。

今年の花粉の飛散量は去年ほどではないがピーク時期去年より
早まるといっている。

まあ中国北京の大気汚染に比べれば多少はましなのかも知れませんが
当事者にとっては一大事ですね。

外出から帰ってきて、大丈夫だったナーンテ思っても、体についた
花粉が家の中に散ってしまう可能性もあります。

そうしたら外出中だ毛でなく、家に帰っても注意しなければいけません。
一体どうしたらいいんでしょうか。

空気清浄機を導入しなればだめのようですね。

そこでどうせ買うなら多少金額が高くても性能が一番いいものが
いいですよね。

そこで専門家が一押しの空気清浄機がるんです。残念ながら国産では
ありません。

スウェーデン製の「ブルーエア」なんです。
大きさのより金額はまちまちですが大体、5万-10万円位です。

辛口分析の「家電批評」で取り上げた製品の中で最も優れた商品
を紹介する「ベストバイ・オブ・ザ・イヤー2013」に選ばれたのが
「ブルーエア」です。

ハイスピード清浄ブルーエア650Eの実力という動画がありました。
その吸引力をご覧ください。

トレンドニュース

ヨドバシカメラの売り場担当者も

「空気清浄機として求められる『空気を速くきれいにする』性能に特化し、
世界基準で認められており、お客様にも非常に人気」
「基本性能の高さに加え、フィルターが交換式なので掃除が手間と感じている
お客様のニーズにあった商品」

*参照msn産経ニュース:

と語っている。ここにきて急に人気が出た。一年前は認知度も低かったが
今では国内メーカーの販売シェアに迫っているという。

注意すべき点は大型でフィルターの値段は比較的高めだ。
フィルターを交換しなければいいがそうもいかない。

目詰まりを起こしてせっかくの「ブルーエア」の機能が低下してしまう。

だけど、じっくり検討するにはあまり時間がない。花粉がそこまで押し寄せて
きている。当事者は早急の判断が必要になる。



トレンドニュース