グーグーだって猫である2 あらすじ&1-5話見どころ


スポンサーリンク

グーグーだって猫である2 あらすじ&1-5話見どころ | トレンドニュース


飼い猫たちとの愛しい日々を
綴った人気シリーズ第2弾-

少女漫画界の巨星・大島弓子の自伝的コミックエッセイ
グーグーだって猫である」が、連続ドラマWに帰ってくる。

前作では描き切れなかった、グーグーと過ごした15年8ヵ月間
の出来事を、原作をもとに構築したオリジナルストーリー。

WOWOW 6月11日(土)夜10:00スタート(前5話)

前回を、まだご覧になっていない方は動画でご覧ください!

主演の宮沢りえに加え、長塚圭史、黒木華、田中泯ら、前作の
豪華キャストが再集結。

さらに前田敦子、西田尚美、イッセー尾形ら、個性あふれる
顔ぶれが新たに出演する。また、シリーズ構成・監督は、
映画版も手掛けた犬童一心が前作に引き続き担当する。

人気漫画家の小島麻子(宮沢りえ)は、東京・吉祥寺の井の頭公園
を望む自宅兼仕事場で、ダーグーとビーという2匹の猫と暮らしている。

アシスタントのミナミ(黒木華)は、麻子の非凡な才能を尊敬しつつも、
独立を考え始めていた。ある日、ミナミは麻子に自分の思いを吐露する。
そんな中、ダーグーを捜しに行った公園で、麻子は新たに5匹の子猫を
拾ってくるのだった。

第2弾あらすじ

第1話

憧れを仕事にする


麻子(宮沢りえ)の非凡な才能に寄り添うように多忙な毎日を
過ごしているミナミ(黒木華)だったが、自分の夢を実現するために、
独立を決意する。

そして、ミナミの後任には、アシスタント仲間の飯田(前田敦子)が
願い出る。だが、飯田には猫が苦手という弱点があった。

第2話

見晴らしのいい部屋

麻子の家に初老の刑事・賀川(イッセー尾形)が訪ねてくる。
殺人犯を捕らえるため、麻子の家で張り込みをさせてほしいと
言うのだ。

図々しい申し出に困惑する麻子だったが、事情を受け入れ、
おかしな同居生活を始めることに。

第3話

ガールフレンド・フォーエバー

大学の同級生・智子(西田尚美)と偶然再会した麻子。大学時代
から目立った存在の智子だったが、やたらに大きな声と広島弁なまり
はそのままだった。

麻子は智子を自宅に招き、若き日々に想いをはせる。

第4話

マリッジブルーを乗り越えろ!

長年、麻子の担当をしてきた編集者の大森(長塚圭史)が結婚
することに。だが、彼はそのことを麻子に言い出せずにいた。

第5話

自分史上最高の冒険

ダーグーを麻子に託して姿を消したホームレス(田中泯)。ある日、
彼を富士山で見かけたという噂を聞いた麻子は、彼を搜す旅に
出ることを思い立つ。

スポンサーリンク