UEFA EURO 2016 サッカー欧州選手権の見どころ


スポンサーリンク

UEFA EURO 2016 サッカー欧州選手権の見どころ | トレンドニュース





UEFA EURO 2016 サッカー欧州選手権がいよいよ開幕。
WOWOWアツバサダーを務めるヴァイッド・ハガルホジッチ氏が
語ってくれた。

「この社会が変遷するように、UEFA EUROでは4年ごとのサッカーの
変遷を感じられます。フィジカル、戦術、さまざまな面でサッカーの進化
を見ることができます。また、欧州最強国を決めるといっただけでなく、
国同士のライバル意識や、歴史、政治、名誉などが混ざり合った
特別な大会。ヨーロッパ中の老若男女が1ヵ月間、サッカー漬けになる
ビッグイベントですね」

今大会から出場国が16から24力国に増え、優勝争いは激戦が
予想される。

「地元フランスは才能ある若い選手が多いですが、開催国の
プレッシャーをデシャン監督がどう管理するかでしょう。44年W杯王者
のドイツは世代交代の最中で、改善しなければならない点も多く、
今大会は苦労するのではないでしょうか。またそのW杯で惨敗した
スペイン、イタリア、イングランドがチームをどう立て直すのかも興味
深いですね」

UEFA EUROは波乱が起こる大会としても知られるが、
今大会の伏兵は?

「1992年のデンマークや2004年のギリシヤのように、予想外の国が
優勝することがあります。今大会サプライズを起こす可能性があるのは
クロアチアでしょう。強豪チームでプレーするレベルの高い選手が多く、
代表への意識も高いクロアチアは要注意です。トップチームの実力は
僅差ですから、どの国が優勝しても決しておかしくありません。
勝つチームは偉大なチームとは限らないのです」

「新たなサッカーの感覚を得たい人は、強くて速いUEFA EUROを
見てほしい。あらゆる要素が今後の日本サッカーの発展にあてはめ
られるかもしれません」
と語るハリルホジッチ氏。全世界が注目する欧州決戦は一瞬たりとも
見逃せない!

ハリルホジッチ氏にとってのUEFA EURO

地元開催の1976年大会3位決定戦で敗れる  

「私は3位決定戦のオランダ戦の後半から出場しましが、
延長戦で敗れました。チームが準決勝で西ドイツに逆転負けした
ショックを引きずっていましたね。でも若かった私にとって忘れられない
素晴らしい経験になりました」

ハリルホジッチ氏が解説!今大会の注目ポイント

「ワールドカップをしのぐレベルの高さ」

W杯は3大会連続で欧州の国が優勝しており、世界のサッカーの
中心といえる。パリルホジッチ氏はUEFA EURO は欧州のW杯の
ようなもので、優勝は世界1位と同じ」と語る。W杯ではアジアなど
実績的に劣る国も出場するが、UEFA EURO は強豪国ばかりが
集結するので、勝ちを計算できる試合がなく、そのレベルの高さは
W杯をしのぐと言っても過言ではない。

「24チームに増えて過去最大のスケールに」

出場国が16から24力国に増加。まず4力国ずつ6組に分かれて
総当たり戦でグループリーグを行ない、各組の勝点上位2力国と、
3位の中で勝点上位の4力国、計16力国が、一発勝負
(同点の場合は延長戦、それでも同点ならPK戦で決着)の決勝
トーナメントに進出する。「最後までどこが勝つか分からない、
非常に面白い大会になると思います」

「隣国のライバルチームの激突で白熱必至」

同じ英国のイングランドとウェールズ、歴史的因縁を持つドイツと
ポーランドのライバル対決は白熱必至。「歴史を背景に、誇りや
パッションの入り交じった激戦になるでしょう」
   

「必ずサプライズをもたらすチームがある」

波乱のUEFA EUROの今大会、サプライズ候補筆頭はクロアチア、
選手たちが一定期間ともにプレーをしており、チームの雰囲気もいい。
経験、才能など、すべてを備えていると思います」。

スポンサーリンク