アメリカ政府は10日、声明を発表し、オバマ大統領が伊勢志摩
サミットに出席した後の今月27日に安倍総理大臣とともに
広島を訪問し、平和公園を訪れることを明らかにしました。

広島では核兵器廃絶の進展への期待とともに被爆者の声を
聞いて欲しいとする市民の声が聞かれました。

これについてホワイトハウスのアーネスト報道官は10日の記者会見で、
オバマ大統領は核兵器のない世界という自らの目標の実現に向けて
前向きなメッセージを発信する意向だと述べました。

そのうえで、アメリカは核兵器を使用した唯一の国として核兵器を
削減する取り組みに向けて引き続き世界を率いる特別な責任
があると述べ、核軍縮に向けて国際社会の機運を高めることに
意欲を示しました。

さらに、戦後70年を経て、アメリカと日本の関係は大きく変化した。
大統領は広島を訪問することで両国の関係をさらに進展させる
ことに関心を抱いていると述べ、被爆地の訪問を通じて日米関係
の一層の強化を図るという、オバマ大統領の意向を強調しました。

一方、アメリカの大統領が広島を訪問することは、原爆投下に
ついての謝罪と解釈されないかと記者団から質問されたのに対し、
アーネスト報道官はそのように受け止める人がいれば、間違いだ
と述べ謝罪にはあたらないと強調しました。

アメリカ国内では、原爆投下は戦争の終結を早め、多くの人命を
救ったして正当化する意見も根強く、オバマ大統領としては原爆
投下の是非を巡る議論は歴史家にゆだねる一方、広島訪問を
通じて核兵器がもたらす悲惨さを強調し、核の脅威を減らす決意
を内外に示したい構えです。

オバマ大統領が広島訪問を決断したことについて安倍総理大臣は
昨夜記者団に対し、次のように述べました。

「核兵器のない世界へ向け、大きな力となることを信じます」




政府内からは唯一の被爆国と原爆主要国の首脳が被爆地を
訪れること自体が核軍縮に向けたメッセージになるという指摘や
強固な日米関係を示す良い機会になるといった意見が出ています。

政府は今回の訪問を通じてオバマ大統領が目指してきた核兵器
のない世界への国際的な機運を高めるとともに、核保有国と非核
保有国の対立やアメリカとロシアの関係悪化の影響等で停滞する
核軍縮や不拡散の取り組みに弾みをつけるきっかけとしたい考えです。

これについて、広島県被団協の坪井素直理事長、91才はNHKの
取材に、我々はオバマ大統領の就任当初からずっと広島を訪問
して欲しいと求めていたので、オバマ大統領の広島訪問の一報を
聞いて、ついにこの日が来たと思いました。

オバマさんがよく決断したと思いましたと話ました。

また、もう一つの県被団協の佐久間邦彦理事長71才は
広島に来た際には、原爆資料館を見学するほか、被爆者の声を
聴き、どんな苦しい思いをしたのか知って欲しいと思います。

そして核兵器を持つことはいけないことなのだと訴え続けて欲しいです
と話していました。
アメリカのオバマ大統領が広島訪問を決めたことについて、アメリカと
並ぶ核大国のロシアは公式のコメントを出していませんが、
核兵器を巡る国際世論にどのような影響を与えるのか注視して
いるとみられます。

ロシアのプーチン大統領はアメリカのケリー国務長官が広島を訪問
した先月11日、声明を出し、核実験を全面的に禁止するCTB
T包括的核実験禁止条約について、世界の安全保障の問題で
主導的な役割を自任する国が批准していないことに強い懸念を
表明するとして名指しは避けたものの、CTBTを批准していない
アメリカを事実上批判しました。

また、ロシアはアメリカがヨーロッパやアジアで進めるミサイル防衛
システムの計画についても、ロシアの核戦力を無力化する狙い
があり、世界の核戦力の均衡崩すものだと非難しています。

ウクライナ情勢等を巡る対立から核軍縮の交渉も停滞しており、
ロシアはこうした中でのオバマ大統領の広島訪問が核兵器を
巡る国際世論にどのような影響を与えるのか注視していると
みられます。